かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 野菜・果物・刺し身!?がトッピング

テーマ特集 こだわりのかき氷②
野菜・果物・刺し身!?がトッピング

  • はるみせ 高梨商店(三浦市)
  • 2019年7月18日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 いよいよ夏本番。こだわりのかき氷を食べに行きませんか?(2/4)


カボチャのかき氷。左はカボチャの果肉と皮のシロップ
カボチャのかき氷。左はカボチャの果肉と皮のシロップ

【はるみせ 高梨商店】氷のおかわりは何杯でも自由

 カボチャやマグロ、ミカン、トウモロコシ…。酒屋だった商店の一角で、三浦市宮川町の野菜や果物のかき氷を売る店がある。4年前から販売を始めたかき氷が口コミなどで広まり、遠方からの客も絶えない。

 1番人気はカボチャのかき氷(800円)。シロップは、北久里浜にある洋菓子店「パティスリークロ」のパティシエが手掛けたカボチャの果肉と皮を使った2種類。当初は果肉だけだったが、皮と果肉の間がおいしいからと2種類に増えたという。素材の甘みをそのまま凝縮した、モンブランのような濃厚さだ。

 茅ケ崎市から来たという60代の男性はマグロのかき氷を注文。「生臭いものは嫌いだが、ちゃんとマグロの味もあってこれならいける」と笑顔。

 「シロップがある限り、氷のおかわりは何杯でも自由。ゆっくりしていって」と店主の高梨良子さん(69)は笑顔で呼び掛けた。



はるみせ 高梨商店

住所 三浦市宮川町12の11
アクセス 京急線三崎口駅からバスで宮川町下車1分
電話 046(881)3455
営業時間 午前8時~午後8時
定休日 木曜

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


いよいよ夏本番こだわりのかき氷

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ