かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【東京五輪応援】ミャンマー語教室はいかが? あいさつからビジネス会話まで丁寧指導

テーマ特集 東京五輪 各国を応援しよう⑦
【東京五輪応援】ミャンマー語教室はいかが? あいさつからビジネス会話まで丁寧指導

  • NPO法人リンク トゥ ミャンマー(横浜市金沢区)
  • 2019年7月13日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 東京五輪開幕まで24日であと1年。神奈川では県や横浜、川崎市などの自治体が五輪・パラリンピックのホストタウンとなり、事前キャンプも受け入れます。各国を応援する店や団体などを紹介します。(7/7)



【NPO法人リンク トゥ ミャンマー】かんたん語学教室

 神奈川県などがホストタウンとなり、神奈川県内自治体が事前キャンプを受け入れるミャンマー。同国と日本をつなごうと、神奈川県内で唯一、在日ミャンマー人に特化した支援活動を行うNPO法人「リンク トゥ ミャンマー」は、設立翌年の2018年1月から「かんたんミャンマー語教室」を開いている。

 受講生は、現地へ旅行予定の人や、駐在予定者などさまざま。個々の語学力のレベルに合わせ、あいさつなどの日常会話からビジネス会話まで、丁寧に指導する。理事長の深山(みやま)沙衣子さん(39)は「ミャンマーを知るきっかけになり、役立てばうれしい」と話す。


講師を務める深山さんの夫トゥン・アウン・キンさん
講師を務める深山さんの夫トゥン・アウン・キンさん

 講師は、ともにミャンマー人で同NPOメンバーの一人である深山さんの夫のトゥン・アウン・キンさん(49)や、留学生のカィティ・ミン・ソウさん(23)が担当する。初めて言語に接した受講生は「文字が丸くて、かわいい」「発音や書き方は難しい」と口にするという。

 初回レッスンは1時間千円と手頃。気軽にミャンマー語に触れてみては?


現地で実際に使っている小学校の教科書などを使うことも
現地で実際に使っている小学校の教科書などを使うことも

NPO法人リンク トゥ ミャンマー

住所 横浜市金沢区並木1の17の13の206
アクセス シーサイドライン並木中央駅徒歩5分
電話 045(567)5858
定休日 https://www.npoltm.org/
備考欄 ※レッスンは午前9時~午後5時の間で対応。相談があれば土・日曜も開く。費用は1時間2千円(初回は1回1時間千円)。チケットあり(11枚2万円。1枚2千円分)。電話、メールで随時受け付け。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


飲食店から語学教室まで東京五輪 各国を応援しよう

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 懐かしき時代「昭和」 【横浜の純喫茶・コーヒーサロン サガン】革張りソファに身を委ね味わう巨大パフェ 高さ25センチ超

    コーヒーサロン サガン(横浜市港北区)

  2. 大人のお子様ランチ 【GOHAN】大ぶりな海老フライ、形状が楽しいパスタ 洋食メニューの主役が一皿に!!

    GOHAN(相模原市緑区)

  3. ぶらり♪街めぐり みなとみらいに「横濱大食堂」がオープン、一押しはハンバーグ定食

    横濱大食堂(横浜市西区)

  4. 【神奈川のカプセルトイ4選】レバーを回せば、大人もハート奪われる 【江の島ガラス HOOK】江の島郵便局の隣にあるガラス細工の店

  5. ムースでかたどったケーキ「ザ・ローズ」 ローズホテル横浜「パティスリー ミリーラ・フォーレ」で販売

人気タグ