かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 天然桜貝

テーマ特集 夏の装い彩るアクセサリー③
天然桜貝

  • Lino Drops Kamakura(鎌倉市)
  • 2019年8月3日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 素肌にアクセサリーが映える季節。作家のオリジナル作品や、こだわりの手作り品で、夏の装いに彩りを添えてみませんか。(3/6)


左/アンクレット(モモノハナ貝、2950円)右/ネックレス(カバザクラ・ピンク、1800円)奧/ピアス(カバザクラ・オレンジ、2950円)
左/アンクレット(モモノハナ貝、2950円)
右/ネックレス(カバザクラ・ピンク、1800円)
奧/ピアス(カバザクラ・オレンジ、2950円)

【Lino Drops Kamakura】宝石のような繊細さが魅力

 由比ケ浜海岸や材木座海岸で収集した天然の桜貝。その色味と繊細な透け感を生かした1点物の手作りアクセサリーを販売する。

 製作を担当する山田範子さん(46)と、貝殻収集・店舗運営を担当する陸門浩行さん(49)が鎌倉へ移住したのは約10年前。繊細で女性らしく宝石のようだと心引かれた桜貝を集めるうち、何か形にできないかと試行錯誤を重ね、日常使いが可能な樹脂加工にたどり着いた。


ムーンネックレス2500円
ムーンネックレス2500円

 カバザクラ貝やモモノハナ貝など多くの種類や色味があり、収集した時の貝殻の状態もさまざま。「あえて砕いて好きな形にして固める技術も。その貝の良さを引き出したい」と陸門さん。



 肌を見せる夏のお薦めは、アンクレットやブレスレット。空や海をイメージさせるブルーのストーンをあしらったものは特に人気だ。ネックレスもコードを使用したものは、長さ調節が可能なのがうれしい。「お客さまが拾ってきた貝を使ったオーダー品も承っていますよ」



Lino Drops Kamakura(リノ ドロップス カマクラ)

住所 鎌倉市小町2の12の29、鈴木ビル1階
アクセス 鎌倉駅東口徒歩5分
電話 0467(91)5804
営業時間 午前10時半~午後5時半
定休日 水曜
公式HP https://www.linodropskamakura.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


素肌にキラリ☆夏の装い彩るアクセサリー

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 古民家を改装したカフェ 小田原産の梅がほんのり香る 小田原・ニコカフェの唐揚げランチ

    nico cafe(小田原市)

  2. 紅葉&立ち寄りスポット⑤ 弥生神社のイチョウは11月半ばが見頃 御朱印帳づくりも人気

    弥生神社(海老名市)

  3. 紅葉&立ち寄りスポット③ 新百合山手中央通りで楽しむ紅葉 英国農家のランチスタイルも堪能

    新百合山手中央通り(川崎市麻生区)

  4. ステージのある店② 茅ケ崎で楽しむ歌と演奏 参加型ライブハウス

    BOTCHY BOTCHY(茅ケ崎市)

  5. 紅葉&立ち寄りスポット② 鎮守の杜レストランKoyoで見る紅葉 洋食や名物の「八福餅」と一緒に

    鎮守の杜レストラン Koyo(寒川町)

人気タグ