かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 野菜が自慢のレストラン

テーマ特集 残暑を乗り切るケールのススメ①
野菜が自慢のレストラン

  • WE ARE THE FARM(川崎市麻生区)
  • 2019年8月22日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 青汁の素材としておなじみのケール。ビタミンやミネラルなど栄養分が豊富な「野菜の王様」です。食欲不振になりがちなこの時期、爽やかな苦みが魅力のケールを効果的に取り入れて残暑を乗り切りましょう。(1/3)


ケールたっぷりの「農家のケール鍋コース」は飲み放題付きで5400円
ケールたっぷりの「農家のケール鍋コース」は飲み放題付きで5400円

【WE ARE THE FARM】自社農場で4種類栽培

 今年春にオープンしたばかりのレストラン。千葉県佐倉市の自社農場で、スタッフ自ら農薬や化学肥料を使わず育てた旬の野菜が味わえる。

 ケールは年間を通じて4種類を栽培しており、8月はコラードケールを提供している。「台風や厳しい気候にも負けずに育つ生命力に驚きます」と話すのはスタッフの宮下永成さん(27)。ケールをどっさり載せた「農家のケール鍋」は火鍋と水炊きの2種類があり、夏でも人気だという。


すっきりとして飲みやすい「ケールオレンジ」と「ケールビール」各734円
すっきりとして飲みやすい「ケールオレンジ」と「ケールビール」各734円

 土・日曜と祝日はランチも営業しており、ケールや季節ごとの野菜が食べ放題。女性客やファミリーが訪れるほか、男性会社員やスポーツジム帰りの客も増えてきているという。「野菜のおいしさをどうやって伝えるかいつも工夫しています。お客さまが普段の食生活を見直すきっかけにもなればうれしいですね」と現場責任者の遠藤光さん(32)。「野菜でおなかがいっぱいになる経験を提供します」



WE ARE THE FARM

住所 川崎市麻生区上麻生5
アクセス 小田急線新百合ケ丘駅徒歩2分
電話 044(953)2181
営業時間 午後5時~翌午前0時。土日・祝日は午前11時~午後3時半のランチ営業も
公式HP https://wearethefarm-organicrestaurant.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


栄養豊富、爽やかな苦み残暑を乗り切るケールのススメ

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. みんな大好きイモとアブラ③ フライや天ぷら、手作りのおかず

    栃木屋惣菜店(横浜市南区)

  2. みんな大好きイモとアブラ④ 「アヒージョ」の専門店

    アヒージョ専門店 スプーン(横浜市中区)

  3. みんな大好きイモとアブラ② じゃがいもとひよこ豆のコロッケ、おさつコロッケ

    シラハト商店(川崎市高津区)

  4. 洋菓子店・カフェ 地元に愛されるスイートポテト

  5. ソウルフード「駅そば」② 浸して食べてもおいしい

人気タグ