かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. 黒糖が主役の鍋パフェ

名店めぐり 和カフェ
黒糖が主役の鍋パフェ

  • 和カフェ黒糖茶房(茅ケ崎市)
  • 2019年10月3日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 茅ケ崎・雄三通りにある、沖縄純黒糖を専門に使ったメニューや沖縄8島の黒糖が堪能できる和カフェ。2012年のオープン以来、店主の大森健司さん(50)と美尋さん夫妻が切り盛りする。

 黒糖には全く興味がなかった二人が、沖縄で黒糖を使った素朴な郷土菓子に出合ってその奥深いおいしさに感動し、黒糖が主役の店を開こうと決めたそう。


開店のきっかけとなった黒糖菓子タンナファクルー
開店のきっかけとなった黒糖菓子タンナファクルー

 その思い通り、モーニングやランチ、スイーツと、多彩なメニューの全てに希少な沖縄純黒糖を使う。看板メニューは「黒糖茶房鍋ぱふぇ」(950円)。小さな土鍋のふたを開けると、アイス、フルーツ、黒糖ゼリー、注文を受けてから練ってゆでるもちもちの白玉やあんこなどが顔をのぞかせる。こくはあるがさっぱりとした甘さで、手作りの黒蜜も絶品だ。

 「日本酒のように島によって味が違う黒糖の味を楽しんで」と健司さん。8島の食べ比べができるほか、飲み物も日本茶を中心に黒糖に合うものが用意され、黒糖や黒糖菓子の購入もできる。近くにあったら通ってしまいそうだ。



和カフェ 黒糖茶房

住所 茅ケ崎市東海岸北2の3の34
アクセス JR茅ケ崎駅南口徒歩8分
電話 0467(81)4394
営業時間 午前9時~午後6時半(金曜は午後6時)L.O.。午前11時~午後 1時半はランチメニューのみ
定休日 火曜・第1水曜休み(祝日は開店、翌日休み)
公式HP https://www.kokutosabo.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 防災食を見直して♡ 始めようローリングストック

  2. 9月14、15、16日はコレ♪ 空中散歩を楽しもう!

  3. イマカナ♡神奈川がいいね!

  4. 表情豊かな駅のベンチ⑧ 【番外編】ロマンスカーのシート

    ビナウォーク/フードコート(海老名市)

  5. 足柄梨 多くの人に届けたい

    加藤農園(小田原市)

人気タグ