かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 技が引き立つ手打ち「二八そば」

テーマ特集 一度は味わってみたい老舗の味①
技が引き立つ手打ち「二八そば」

  • 宿場そば桑名屋(横浜市保土ケ谷区)
  • 2019年9月21日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 県内には歴史ある老舗がたくさんあります。高級料亭から普段使いまで、長く人々に愛されてきた伝統の味を紹介します。(1/6)※値段は取材時の税込み価格を表記。消費増税に伴い変動することがあります


名物の「雪割りそば」(1404円)は、とろろ、納豆、イクラ、ノリ、ミツバの5種類のそばの食べ比べが楽しめる
名物の「雪割りそば」(1404円)は、とろろ、納豆、イクラ、ノリ、ミツバの5種類のそばの食べ比べが楽しめる

【宿場そば 桑名屋】古き良きたたずまいの店

 JR保土ケ谷駅西口近く。そこだけ時間が止まったような古き良きたたずまいの店がある。1886(明治19)年創業のそば店「桑名屋」だ。

 店主の近藤博昭さん(70)は4代目。父の急逝で20歳で店を継ぐも、やりがいを見いだせず悩む日々が続いたという。そんな中、店の特性を打ち出そうと、着目したのが保土ケ谷宿だった。「安藤広重の浮世絵『東海道五十三次』の保土ケ谷宿には、そば店を表す『二八』の文字があった。これだと思った」


店内は、深川江戸資料館に展示されている船宿を参考に改築。同資料館や江戸東京博物館の展示物の建築に携わった大工が手掛けた
店内は、深川江戸資料館に展示されている船宿を参考に改築。同資料館や江戸東京博物館の展示物の建築に携わった大工が手掛けた

 浮世絵をヒントに30年ほど前、宿場の船宿を模した現在の建物に改築。店の2階には、保土ケ谷宿の模型や資料を展示した。もちろん提供するのは、そば粉8割、つなぎ2割で手打ちする「二八そば」。吟味を重ねて選んだ、そば粉の風味を円熟の技で引き立てる。

 歴史を生かした街づくりにも精を出す近藤さん。「毎日が楽しい」とはつらつとした笑顔を見せた。



宿場そば 桑名屋

住所 横浜市保土ケ谷区岩井町21
アクセス JR保土ケ谷駅西口徒歩1分
電話 045(331)0233
営業時間 午前11時~午後9時
定休日 木曜
公式HP http://www.1616sagasu.com/seven/122/party/33

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


高級料亭から普段使いまで一度は味わってみたい老舗の味

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 防災食を見直して♡ 始めようローリングストック

  2. 9月14、15、16日はコレ♪ 空中散歩を楽しもう!

  3. イマカナ♡神奈川がいいね!

  4. 表情豊かな駅のベンチ⑧ 【番外編】ロマンスカーのシート

    ビナウォーク/フードコート(海老名市)

  5. 足柄梨 多くの人に届けたい

    加藤農園(小田原市)

人気タグ