かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 四季折々の料理

テーマ特集 一度は味わってみたい老舗の味⑤
四季折々の料理

  • 割烹旅館 旭屋(相模原市中央区)
  • 2019年9月21日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 県内には歴史ある老舗がたくさんあります。高級料亭から普段使いまで、長く人々に愛されてきた伝統の味を紹介します。(5/6)※値段は取材時の税込み価格を表記。消費増税に伴い変動することがあります



【割烹旅館 旭屋】江戸後期から続く料亭

 創業1799年。江戸後期から続く老舗の料亭では、相模川の天然アユや地元野菜を使う四季折々の料理が堪能できる。

 相模川河岸の高田橋周辺は「水郷田名」として知られ、古くから大山参りの人々が往来し、水上交通の要所でもあった宿町。かつては芸妓(げいこ)の奏でる三味線と長唄が聞こえる、夜の社交場としてもにぎわっていた。



 歴史を感じる店の格式高い雰囲気を残しつつ、時代のニーズに合わせて新しいことに挑戦し続けるのが、6代目女将(おかみ)の江成深雪さん。

 アユを原材料に用いた「風干し鮎せんべい」も女将が開発。アユのはらわたを塩辛にした「うるか」の苦味がうま味と風味を引き立て、そのままでも、お酒のつまみとしてもおいしい。今では市を代表するお土産品だ。

 「『旭屋』という名前に懐かしさを感じてくれる方々のために、時代を語り継ぎながら店を守り続けていきたいの」とほほ笑む女将には、まだまだチャレンジしたいことがたくさんあるそう。



割烹旅館 旭屋

住所 相模原市中央区水郷田名2の14の1
アクセス JR相模原駅からバスでふれあい科学館前下車1分
電話 042(762)6262
営業時間 午前11~午後9時
定休日 不定休
公式HP http://asahiya6262.com/
備考欄 利用日の2日前、正午までに電話で予約する

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


高級料亭から普段使いまで一度は味わってみたい老舗の味

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 防災食を見直して♡ 始めようローリングストック

  2. 9月14、15、16日はコレ♪ 空中散歩を楽しもう!

  3. イマカナ♡神奈川がいいね!

  4. 表情豊かな駅のベンチ⑧ 【番外編】ロマンスカーのシート

    ビナウォーク/フードコート(海老名市)

  5. 足柄梨 多くの人に届けたい

    加藤農園(小田原市)

人気タグ