かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 房竹丸のカワハギは「肝しょうゆ」で味わうのがお薦め

産地直売 カワハギ
房竹丸のカワハギは「肝しょうゆ」で味わうのがお薦め

  • 房竹丸(横須賀市)
  • 2019年11月28日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 春の産卵に備え、秋から冬にかけて栄養を蓄えるカワハギ。冬ならではの肝の濃厚な味わいを求め、相模湾に面した横須賀市西部の長井漁港を訪ねた。

 房竹丸を携える宮川聡さん(41)がこの日、刺し網漁で取ったのは、「本カワハギ」。カワハギには「本カワハギ」と「ウマヅラハギ」の2種類があり、東日本では食感のやわらかい「本カワハギ」がよく食べられているという。皮を剝ぐと、ピンク色の身と脂肪をたっぷり蓄えた肝が現れ、その透明感が鮮度の証拠だ。



 お薦めは、肝を料理酒で軽く漬けてしょうゆとあえた「肝しょうゆ」。引き締まった身の食感と濃厚な肝が絡まり、まさに冬の絶品だ。「しょうゆとみりん、砂糖で煮ても、ふっくらとした食感が味わえておいしいですよ」と宮川さん。

 宮川さんはサラリーマンから転職し、約4年の定置網漁の経験を経て独立した。毎日取れた魚や水温などを日記につけ、振り返りながら漁の感覚を養った。



 現在は、用途別に3隻の船を使い分けて漁に出ながら、みりん干しや干物などの加工品にも力を入れる。自宅併設の加工場で、妻の良子さん(42)と共に年間約80種を生産。「漁師の味」と鮮度にこだわり、添加物を一切加えずに取れたその日のうちに加工する。直売所に並ぶのは、タコやサザエ、フグなどをぜいたくに使った「地タコのアヒージョ」など、食欲をそそる品ばかりだ。



地タコのアヒージョ
地タコのアヒージョ

 相模湾近海は磯も砂地もあるため、300種類以上の魚が取れるという魚種が豊富な漁場で、カワハギのほかにもヒラメやヒラスズキ、アカハタなどが旬を迎える。「地場のものをいろんな人に食べてもらいたい」。夫婦で手を取り合いながら、長井漁港に活力を注いでいる。

お薦め品

◇本カワハギ 100グラム150円~
 (大きさにより異なる)
◇伊勢エビ 1キロ8500円 
◇サザエ 1キロ1200円 
◇地タコのアヒージョ 800円 
◇タチウオのみりん干し 4枚480円 

ここで買える



房竹丸直売所

住所 横須賀市長井3の46
アクセス 京急線三崎口駅からバスで不断寺下車3分
電話 046(857)1832
営業時間 午前9時~午後4時
定休日 火曜休み。12月28日~1月6日休み
公式HP https://fish-store-545.business.site/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 古民家を改装したカフェ 小田原産の梅がほんのり香る 小田原・ニコカフェの唐揚げランチ

    nico cafe(小田原市)

  2. 紅葉&立ち寄りスポット⑤ 弥生神社のイチョウは11月半ばが見頃 御朱印帳づくりも人気

    弥生神社(海老名市)

  3. 紅葉&立ち寄りスポット③ 新百合山手中央通りで楽しむ紅葉 英国農家のランチスタイルも堪能

    新百合山手中央通り(川崎市麻生区)

  4. ステージのある店② 茅ケ崎で楽しむ歌と演奏 参加型ライブハウス

    BOTCHY BOTCHY(茅ケ崎市)

  5. 紅葉&立ち寄りスポット② 鎮守の杜レストランKoyoで見る紅葉 洋食や名物の「八福餅」と一緒に

    鎮守の杜レストラン Koyo(寒川町)

人気タグ