かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 彫刻の森美術館・箱根ナイトミュージアム◇箱根ガラスの森美術館・クリスタルガラスツリー

テーマ特集 2019ー2020イルミ⑥
彫刻の森美術館・箱根ナイトミュージアム◇箱根ガラスの森美術館・クリスタルガラスツリー

  • 彫刻の森美術館(箱根町)
  • 2019年11月23日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 令和最初の冬を彩るイルミネーションが各地で開催しています。最先端技術を駆使した演出にスケールアップした電飾など、趣向を凝らした県内イルミを紹介します。(6/7)



提灯持って夜の庭園巡り 夜景を一緒に作り上げる

 照明や映像を巧みに操る光のアーティスト・髙橋匡太(きょうた)が、野外展示場と野外彫刻をライトアップする「箱根ナイトミュージアム」。無料で貸し出す提灯(ちょうちん)を持って夜の彫刻庭園を巡る、参加型のイベントだ。29日~来年1月5日。

 提灯は、彫刻や風景のライトアップの色に呼応して光が変わるため、参加者の動きが夜景を作り上げる。
 ステンドグラスの塔「幸せをよぶシンフォニー彫刻」のライトアップでは、作曲家・山中透による音楽の演出が加わり、光と音楽のコラボレーションを楽しむことができる。


彫刻の森美術館

住所 箱根町二ノ平1121
アクセス 小田原駅からバスで二の平入口下車5分、箱根登山観光施設めぐりバスで彫刻の森美術館下車すぐ
電話 ☎0460(82)1161
営業時間 午後4時45分~6時(入館は5時15分まで)
定休日 無休
公式HP https://www.hakone-oam.or.jp/
備考欄 入館料1600円ほか

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


箱根ガラスの森美術館 クリスタルガラスツリー
箱根ガラスの森美術館 クリスタルガラスツリー

箱根ガラスの森美術館 クリスタル・イルミネーション

 高さ約11メートルと8メートル、それぞれクリスタルガラス約8万5千粒と6万5千粒で作製されたクリスマスツリー2本が庭園に展示される。12月25日まで。


箱根ガラスの森美術館 クリスタルガラスツリー
箱根ガラスの森美術館 クリスタルガラスツリー

 昼間は日の光と風により七色に輝き、夕暮れ時はライトアップされた幻想的な姿へと変化する。
 ツリーのどこかには、幸せを呼ぶ「ふくろうのサンタクロース」のカップルが隠れているので、探し出す楽しみも。
 12月21~24日の4日間は、「クリスマス・スペシャルナイト」として、営業時間を午後7時半まで延長する(入館は同7時まで)。


箱根ガラスの森美術館

住所 箱根町仙石原940−48
アクセス 小田原駅などからバスで俵石・箱根ガラスの森前下車1分。午後4時半~5時半(12月21~24日は同7時半)
電話 ☎0460(86)3111
営業時間 午後4時半~5時半(12月21~24日は同7時半)
定休日 無休
公式HP https://www.hakone-garasunomori.jp/
備考欄 館料1500円ほか

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


令和最初の冬を彩る【神奈川・お薦めイルミネーション2019】拡張現実(AR)やドローン、熱気球も登場

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 自慢の漬物③ 昔ながらの製法貫く丹沢のさくら漬

    はだのじばさんず(秦野市)

  2. ひと味違うバラ特集② 【ひらつか八幡山の洋館】香りのいいバラ 洋館囲むように咲き誇る

    ひらつか八幡山の洋館(平塚市)

  3. ひと味違うバラ特集⑥ 【Rainbow-Rose 海老名】紙で作るバラ 神奈川生まれのクラフト「ロザフィ」

    Rainbow-Rose 海老名(海老名市)

  4. タマネギ 辛みがなく甘くてジューシー 小田原「俺たちのファーム」の下中たまねぎ

    俺たちのファーム(小田原市、中井・二宮町)

  5. イマカナ人 nico cafe・和田真帆さん 手製の「家族のマスク」好評

    nico cafe(小田原市)

人気タグ