かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 大磯の町おこしに 大磯 frais Tekkaのアロマオイル

テーマ特集 暮らしに香りを⑤
大磯の町おこしに 大磯 frais Tekkaのアロマオイル

  • 大磯 フレ・テッカ(大磯町)
  • 2019年11月30日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 お気に入りの香りを暮らしに取り入れて、リラックスしませんか。県内のお薦めの香りを紹介します。(5/6)



【大磯 frais Tekka】「摘果ミカン」を使い話題呼ぶ

 古くからミカン栽培が盛んな大磯町。良い実がなるように夏場に間引く「摘果ミカン」を使ったアロマオイルが話題を呼んでいる。

 発案したのは同町商工会女性部部長の高橋みどりさん(61)。アロマが趣味の高橋さんが、2016年に同町にオープンしたアロマの店「ハーブのじかん」店長の横山直美さん(36)を訪ね、ミカンを使った大磯の町おこしを働き掛けたのがきっかけだったという。



 「そこからは全てがご縁で進みました」と高橋さん。同会と商工振興のための連携協定を結ぶ横浜銀行による橋渡しで、加工業者や相模女子大(相模原市南区)の協力を得ることができ、同大がコンセプトやラベルデザイン、ネーミングなどを手掛けて今年商品化した。

 思わず深く息を吸い込みたくなるような、すがすがしい柑橘(かんきつ)の香りは夏の爽やかな風を思わせる。


「ハーブのじかん」の横山直美さん(左)と香りの発案者の高橋みどりさん
「ハーブのじかん」の横山直美さん(左)と香りの発案者の高橋みどりさん

大磯 frais Tekka[フレ・テッカ]

住所 大磯町大磯927の12
電話 問い合わせは、大磯町商工会☎0463(61)0871
公式HP https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ph7/cnt/f7631/oiso_aroma20181030.html

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

ハーブのじかんで買える


ハーブのじかん

住所 大磯町大磯975
アクセス JR大磯駅徒歩5分
電話 0463(75)9815
営業時間 カフェは午前10時~午後6時リラクゼーションサロンは同9時まで(受け付けは同6時まで)
定休日 日曜
公式HP https://www.facebook.com/herbnoijikan/
備考欄 ※来年1月販売予定。価格未定。7月にオープン予定の「みなとオアシス」のほか、大磯町内でのみ購入可能。「ハーブのじかん」では香りも試して購入することができる。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


リラックスした空間づくり【神奈川・オススメの香り6選】香りを暮らしに取り入れて

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑦ 夢見ケ崎動物公園◇シセンレッサーパンダ

  2. タマネギ 辛みがなく甘くてジューシー 小田原「俺たちのファーム」の下中たまねぎ

    俺たちのファーム(小田原市、中井・二宮町)

  3. イマ的生活 「心の安定届けたい」円覚寺(鎌倉市)がオンライン座禅配信 写経や日曜説教も 

    円覚寺(鎌倉市)

  4. かながわ動物飼育日記⑥ 京急油壺マリンパーク◇キタイワトビペンギン

  5. かながわ動物飼育日記⑤ 新江ノ島水族館◇バンドウイルカ

人気タグ