かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 【きたかまくらコットン】綿花を使うワークショップ開催

推し 寒い時期こそ”ふわモフ”①
【きたかまくらコットン】綿花を使うワークショップ開催

  • きたかまくらコットン(鎌倉市)
  • 2020年1月18日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 寒さ厳しい季節。こんな時期こそ、“ふわモフ”を楽しんでみませんか。心も体も、ほかほかになれるかも。(1/6)


和綿や洋綿などの6種の綿花。元々だいだい色をした綿花も
和綿や洋綿などの6種の綿花。元々だいだい色をした綿花も

【きたかまくらコットン】糸紡ぎ体験や染織体験、小物作り

 北鎌倉で綿花を栽培する女性3人グループ「きたかまくらコットン」。月に1度、糸紡ぎ体験や染織体験、育てた綿花を使った小物作りなどのワークショップ「糸遊び広場」を開催している。

 綿は、4~5月に種をまき、8月末ごろ繊維を含んだ実が膨らんではじけ、9~10月には収穫の最盛期を迎える。


収穫した綿花
収穫した綿花

 「糸遊び広場」では収穫した綿花を使い、綿繰り機を使って種を取り、綿弓などで繊維を整える作業を経て、糸車で糸を紡ぐ工程などが体験できる。


糸車で綿糸を紡ぐ佐藤さんと体験者
糸車で綿糸を紡ぐ佐藤さんと体験者

 糸車を回して綿によりをかけると、繊維と繊維が互いに引っ張って絡み合い、糸が紡がれていく。その様子に、子どもから大人まで皆が夢中になるという。


天然素材を使って染色した綿糸
天然素材を使って染色した綿糸

綿花と木の実などで作ったオーナメント
綿花と木の実などで作ったオーナメント

 「綿の実や手紡ぎ糸は空気を含んでいて暖かく、冬にぴったりの手仕事です」とメンバーの佐藤亜矢子さん。ふわふわの綿花に、思わず心もほっこりしそうだ。


加工後の綿花
加工後の綿花

きたかまくらコットン/糸遊び広場

アクセス てんだいの家(JR北鎌倉駅徒歩15分)
営業時間 毎月第3火曜の午前10時~正午
公式HP https://www.facebook.com/kitakamakuracotton/
備考欄 500円~(内容により異なる)。詳細は、きたかまくらコットンのフェイスブックへ。予約は、同グループ[メール]kitakamakuracotton@gmail.comへ。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


寒さ厳しい季節こそ【神奈川・ふわモフ6選】心も体も、ほかほか

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かまぼこ スライムがかまぼこに 鈴廣かまぼこが新商品

  2. おしゃれにキャップ、暑さ対策も 横濱ハット(横浜市南区)は品ぞろえが豊富 カンカン帽の正規品も取り扱う

    横濱ハット(横浜市南区)

  3. 七変化タマゴの魅力 inside out cafe(平塚市)のカルボンチーノ 黄身が絡まりカルボナーラに変身

    inside out cafe(平塚市)

  4. かき氷 かき氷店 小桃(横浜市中区)のかき氷 食べ進めるのが楽しいかき氷

    かき氷店 小桃(横浜市中区)

  5. 中華まん 瀬戸内産レモンと鶏肉を合わせた中華まん 江戸清から

人気タグ