かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【アトリエ マルキーズ】クッション材と布で装飾、オリジナル茶箱

テーマ特集 エコを考えよう⑥
【アトリエ マルキーズ】クッション材と布で装飾、オリジナル茶箱

  • アトリエ マルキーズ(座間市)
  • 2020年2月15日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 地球温暖化防止のための「京都議定書」が2005年2月16日に発効したことにちなみ、毎月16日は「エコの日」とされています。改めて、エコやリサイクルについて考えてみませんか。(6/6)


成人式に着用した帯を使用した作品
成人式に着用した帯を使用した作品

箱の内側にも、こだわりの技が光る
箱の内側にも、こだわりの技が光る

【アトリエ マルキーズ】脚のパーツを取り付け、スツールとしても

 昔はどの家にも当たり前のようにあった茶箱。防湿防虫効果があり、茶葉だけでなく、食料品や衣類、骨董(こっとう)品の保管などの用途に長(た)けている。

 その日本伝統の優れた収納箱にクッション材となるものを挟み、布などで装飾した「アトリエマルキーズ インテリア茶箱」。


名古屋帯を使った生徒による作品
名古屋帯を使った生徒による作品

名古屋帯を使った生徒による作品
名古屋帯を使った生徒による作品

 思い出のスカーフや着なくなったドレスの生地、お気に入りのファブリック(布)を使えば、自分だけのオリジナルが完成。脚のパーツを取り付けるなどして、スツールとしても使用可能だ。


久保寺志乃さん
久保寺志乃さん

 「自分の『大好き』が詰まった、世界に一つだけの物を作るワクワクを感じて」とほほ笑むのは、国内だけでなく、ヨーロッパの美術展などにも作品を出品する久保寺志乃さん。

 国産のスギを材料に、職人が丁寧に手作りする茶箱。大切にしまったままの布地が、新たな形で輝きを取り戻す。

体験教室

 相模原カルチャーセンター駅ビル店、イオンカルチャークラブ海老名店、新百合ケ丘産経学園、ほか。

講師 久保寺志乃さん/インテリア茶箱クラブ認定インストラクター

[メール]ateliermarquise317@gmail.com。☎080(3171)8715。

この記事の関連まとめ


地球にやさしく!【神奈川・エコを考える6選】毎月16日は「エコの日」!!

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 藤色の陶器に入ったプリン、マーロウ 母の日向け、オンラインショップ限定

  2. かながわ動物飼育日記㉖ 新江ノ島水族館◇ミナミアメリカオットセイ

    新江ノ島水族館(藤沢市)

  3. ハマスタ☆応援弁当、試合開催日限定 焼き印や星形にも注目

  4. レタス 収穫から6時間以内に店着 樋口農園の菜速レタス 

    樋口農園(綾瀬市)

  5. タケノコ 【横浜・マルイファーム】新鮮なタケノコ、列できるほどの人気 ボランティアの協力も

    マルイファーム(横浜市都筑区)

人気タグ