かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【猫のミュージアム ラッキー・フィールド】猫と戯れながら猫の美術品を見る

テーマ特集 ねこと暮らす④
【猫のミュージアム ラッキー・フィールド】猫と戯れながら猫の美術品を見る

  • 猫のミュージアム ラッキー・フィールド(川崎市)
  • 2020年2月22日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 自由で気まま、でもたまらなく愛らしい。そんな魅力あふれる猫に今日は癒されてみませんか。2月22日は猫の日。(4/6)



【猫のミュージアム ラッキー・フィールド】絵画や写真、書籍、置物などが並ぶ

 10年前の2月22日にオープン。館長の吉野和枝さん(75)が飼育する猫16匹と戯れながら、猫の美術品を見学できる。

 ログハウス風一軒家のインターホンを押して素早く入ると、かわいい猫たちが迎えてくれる。暖かい室内には、猫に関する絵画や写真、書籍、置物などが所狭しと並んでいる。


茶

アビ
アビ

 コレクションのきっかけは、20代後半に出合った象牙製の猫の根付。「良いアンティークは外国人が購入して海外に出てしまうと聞き、集めるようになりました」。同時期に猫を飼い始め、猫好きとのつながりも増加。集まる場所として、ミュージアムをオープンした。


アトラス
アトラス

黒猫アトラスをラベルにデザインした特注のワイン
黒猫アトラスをラベルにデザインした特注のワイン

 現在は、500円の寄付で猫とのんびりすごせる〝隠れ家スポット〟。居心地が良いため、開館から閉館まで居続ける人が多いという。「猫は、気持ちを察してくれる友達のような存在。猫好きな人がどんどん増えてほしい」と吉野さんは笑顔で話す。



猫のミュージアム ラッキー・フィールド

住所 川崎市中原区井田3の11の13
アクセス 東急東横線元住吉駅からバスで井田営業所下車3分
電話 044(752)0083
営業時間 午後1~5時。3月末まで土曜のみ営業
定休日 4月以降は火・金・日曜休み
公式HP http://www.luckyfield-cat.com/contents/access/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


NO!CAT NO!LIFE【神奈川・ねこと暮らす6選】自由で気ままニャ

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、ミニポーチを限定販売 人気のビーカー入りプリンをイメージ

  2. ぶらり♪街めぐり スープカレーネイビーズ、石川町にオープン 大きめザンギにふんだんの野菜

    スープカレーネイビーズ横浜中華街店(横浜市中区)

  3. 横浜DeNAベイスターズとコラボ食パン 焼き印にシンボルマークとロゴ

  4. 王道から変わり種まで 【神奈川の人気餃子6選】焼き目パリッと、皮はもちっと

  5. かながわ動物飼育日記㉒ 箱根園水族館◇ゴマフアザラシ

    箱根園水族館(箱根町)

人気タグ