かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【麺料理「パタン」第一亭】しっかり混ぜて奥深いうま味

テーマ特集 にんにくで元気に③
【麺料理「パタン」第一亭】しっかり混ぜて奥深いうま味

  • 中華料理 第一亭(横浜市中区)
  • 2020年2月29日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 2月29日は4年に一度のニンニクの日。強烈な匂いで、スタミナ食としておなじみ。こだわりのメニューや商品を紹介します。苦手な人も好きになるかも。ニンニクへの熱い思いも語ってもらいます。(3/6)



【中華料理 第一亭】大半の客が注文する裏メニュー

 裏メニューだが客の大半が注文する、生ニンニクがたっぷり入った麺料理「パタン」(600円)が、たまらぬおいしさだ。

 冷水で締めた太麺にごま油をまとわせ、生ニンニク、ネギ、特製しょうゆダレを掛けたシンプルな一品。しっかり混ぜてから口に運ぶと、ニンニクの強烈な香りと辛味が押し寄せてきて、ごま油の香ばしさと、タレのまろやかで奥深いうま味が追いかけてくる。食べ始めたら箸が止まらぬほど後を引く。しょうゆ味のスープに浸してさっぱりと「つけ麺」風にしたり、自家製ラー油で辛味を加えたりと〝味変〟も実に楽しい。

 1959年の創業当時から賄いとして作られてきたが、40年ほど前、常連客の「それが食べたい」の一言からじわじわと評判に。愛着のある名称は、ニンニクを「パタン、パタン」と中華包丁でたたきつぶす音から付けられたという。


生ニンニクを3片も入れるパタン。麺は1.5玉分とたっぷりで、スープも付く
生ニンニクを3片も入れるパタン。麺は1.5玉分とたっぷりで、スープも付く

 今や店の名物に定着したものの、お品書きに載せていないのは「『賄いであって、店の料理ではない』という初代である父の意思を継いでいるからです」と、のれんを守る桜田冨美枝さん(70)が話してくれた。


ニンニクを包丁で細かく刻む桜田さん
ニンニクを包丁で細かく刻む桜田さん



中華料理 第一亭

住所 横浜市中区日ノ出町1の20
アクセス 京急線日ノ出町駅徒歩2分
電話 045(231)6137
営業時間 午前11時~午後1時半、同4時半~9時
定休日 原則火曜休み

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


元気が出る!にんにくへの熱い思いも語ります【神奈川・にんにく6選】ニンニクで、スタミナつけよう!

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑫ 新江ノ島水族館◇カピバラ

    新江ノ島水族館(藤沢市)

  2. かながわ動物飼育日記⑪ 金沢動物園◇オオツノヒツジ

    金沢動物園(横浜市金沢区)

  3. さっぱりメニューいかがです? 神奈川で楽しむ爽やかレモン6選

  4. 獺祭の酒かすで「大人のかき氷」 老舗酒店がトレッサ横浜店で提供

    「KISSYO SELECT トレッサ横浜店」

  5. 今すぐ行きたい神奈川の避暑地 【2020年】 箱根の観光スポット5選 リニューアルやニューオープン続々

人気タグ