かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 【俵万智の歌碑】高校教諭のころ通った道にある歌碑

推し 神奈川の歌碑、句碑探訪⑤
【俵万智の歌碑】高校教諭のころ通った道にある歌碑

  • 俵万智の歌碑(相模原市緑区)
  • 2020年3月7日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 神奈川新聞主催の「神奈川歌壇・俳壇・柳壇年間賞」が50回を迎えました。節目を機に、県内の歌碑や句碑を訪ねます。(5/6)



歌碑の周囲にはベンチも設置され、市民の憩いの場となっている
歌碑の周囲にはベンチも設置され、市民の憩いの場となっている

【俵万智の歌碑】短歌/紫のもっとも淡き一群れに想いをのせんあじさいの花

 橋本駅北口近く、商店とマンションが立ち並ぶ小道。歌集「サラダ記念日」で知られる歌人・俵万智さんが、3年間教壇に立った県立橋本高校へ通った道だ。

 淡い恋心や日常を切り取った、軽やかで、時に大胆な作品は人気が高く、同校での生活やひいきの和菓子店を詠んだ歌もある。歌集は当時ベストセラーになり、俵さんが引率する同校の修学旅行をマスコミが追うほどの人気だった。


橋本高校教諭だった頃の俵さん(同校卒業アルバムから)
橋本高校教諭だった頃の俵さん(同校卒業アルバムから)

 相模原市政50周年を迎えた2004年、地元に伝わる伝説の姫「照手姫」の像が建てられたことをきっかけに、その恋物語を思わせるような俵さんの短歌を刻んだ碑も立った。


歌碑建立時の思い出を振り返る大貫さん(右)と笹野さん
歌碑建立時の思い出を振り返る大貫さん(右)と笹野さん

 市民の憩いの場を提供したいと歌碑の設置を後押しした橋本商店街協同組合元理事長の大貫一男さん(84)と元副理事長の笹野稔さん(83)は「ベンチに腰掛けて一休みしながら、歌碑にも目を向けてもらえたら」と話している。


俵万智の歌碑

住所 相模原市緑区橋本6の24付近
アクセス 橋本駅徒歩4分

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

俵万智さんからのメッセージ



「懐かしいですね。毎朝、橋本駅から歩いて橋本高校まで歩いていました。紫陽花(あじさい)が相模原市の花なので、この短歌になりました。除幕式に伺った時は、駅前の様子が激変していて驚きました」

この記事の関連まとめ


神奈川ぐるっと【神奈川・歌碑、句碑6選】ゆかりの地 思いをはせて ゆく探訪

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ