かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【サカタのタネ】かんたんキットでらくらく栽培スタート

テーマ特集 植物とともに暮らす②
【サカタのタネ】かんたんキットでらくらく栽培スタート

  • サカタのタネ(横浜市都筑区)
  • 2020年3月28日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 春の暖かさを感じる季節。花や緑も輝きを増しています。暮らしに彩りを添える植物を育ててみませんか。(2/6)



【ガーデンセンター横浜】野菜の種約500種類並ぶ直営店

 自分で育てた野菜を収穫し、取れたてを味わうのは家庭菜園の醍醐味(だいごみ)。ベランダや庭先など小さなスペースを活用し、初心者でも手軽に種まきから始められる方法を、種苗大手「サカタのタネ」に聞いた。



 野菜の種が約500種類も並ぶ同社直営店「ガーデンセンター横浜」。

 店員の小林秀美さん(35)によると、短期間で収穫でき、育てやすいのは葉物といい、中でもコマツナ「きよすみ」は、病気や暑さに強く、場所を取らないので、プランター栽培にお薦めという。



 資材は同社オリジナルの「はじめてさんのかんたんタネまきキット」(550円)を使うのが、失敗しない野菜作りへの近道。培養土とトレーがセットになっていて、芽出しまで簡単に室内管理できる。「吸水させて膨らんだ土ポットに種(別売り)をまき、苗が大きく育って周囲から根が出始めたら、そのまま植え付けるだけ」という優れもの。パッケージも人に贈りたくなるかわいさだ。

 植え付けを行う際に使用する土や肥料、容器など、育てる野菜に合わせ最適なものを選ぶのは、初心者にとってハードルが高い。小林さんは「どんなことでもいいので気軽に相談してほしい」と笑顔で呼び掛ける。

サカタのタネ小林さんに聞く 野菜の種ランキング

●春まきで育てやすいベスト5
 ①コマツナ「きよすみ」
 ②ホウレンソウ「アクティブ」
 ③サラダミニハクサイ「タイニーシュシュ」
 ④エダマメ「おつな姫」
 ⑤スイスチャード「アイデアル」
  いずれも330 円



●プランター栽培向き売れ筋ベスト5
 ①ミニトマト「アイコ」550 円
 ②エダマメ「おつな姫」330 円
 ③「ガーデンレタスミックス」330 円
 ④「バジル」220 円
 ⑤「パクチー」220 円



ガーデンセンター横浜

住所 横浜市神奈川区桐畑2
アクセス 東急東横線反町駅徒歩5分、京急線神奈川駅徒歩5分
電話 ☎045(321)3744
営業時間 午前10時~午後6時
定休日 5月まで無休
公式HP https://www.sakataseed.co.jp/gardencenter/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


彩り豊か【神奈川・植物と暮らす6選】いっそ育ててみませんか

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑨ 横浜・八景島シーパラダイス◇ケープペンギン

    横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)

  2. 夏の観光シーズン本番目前 【2020年】 箱根の観光スポット5選 リニューアルやニューオープン続々

  3. 神奈川のふわっふわかき氷4選 【かき氷4選・こまち茶屋】紫陽花水 アジサイをイメージ進化系、紫色に変身

    こまち茶屋(鎌倉市)

  4. 【2020年版】今すぐ行きたい!箱根の最新スポット5選 箱根登山電車の箱根湯本―強羅駅間がいよいよ再開 23日から「全線運転再開記念乗車券」発売

  5. タマネギ 辛みがなく甘くてジューシー 小田原「俺たちのファーム」の下中たまねぎ

    俺たちのファーム(小田原市、中井・二宮町)

人気タグ