かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 小山農園直営!農家レストランSOZAIYAで楽しむシャキシャキ食感のコマツナ

産地直売 コマツナ
小山農園直営!農家レストランSOZAIYAで楽しむシャキシャキ食感のコマツナ

  • 農家レストランSOZAIYA(横浜市都筑区)
  • 2020年4月9日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

コマツナ
コマツナ

 「料理に使う野菜のほとんどが、この界隈(かいわい)の畑で収穫された新鮮なもの。地元の農家仲間の協力を得て、年間通して、地産地消メニューを提供しています」。

 こう話すのは、横浜市港北区新羽町で代々続く小山農園を運営し、「農家レストラン SOZAIYA」のオーナーも務める小山晃一さん(44)。2011年に脱サラして就農。真剣に野菜と向き合う日々を送る中、「農家と消費者をつなぐ場を創出したい」と思うようになり、17年に横浜市営地下鉄センター北駅前の商業施設「YOTSUBAKO」にこの店をオープンさせた。



 店では和洋折衷の料理を提供。小山さんが生産の軸としている横浜名産のコマツナをはじめ、約10の農家仲間が丹精込めて育てた野菜を惜しみなく使う。今が旬の野菜を盛り込んだ「農園サラダ」は、みずみずしさがダイレクトに伝わるお薦めの一品。「生のコマツナのシャキシャキとした食感を楽しんでほしい」と小山さんは笑顔で呼び掛ける。


右は農園サラダ、左がグリーンスムージー
右は農園サラダ、左がグリーンスムージー

 コマツナ、リンゴ、バナナなどを入れて作る「グリーンスムージー」は、子どもでも飲みやすく、ランチタイムではセットメニューにプラス100円で飲める手軽さで人気を集める。最近では、弁当のテークアウトや近隣への宅配もスタート。農業の楽しさと店の味を知ってもらおうと、コマツナの収穫体験と弁当を味わうイベントも行っている。

 小山さんは、年間約40種類の野菜を生産。JA横浜の「メルカートきた」(都筑区)と「メルカートかながわ」(神奈川区)のほか、飲食店や八百屋、市場にも出荷している。特にコマツナは露地とハウスの両方で栽培し、一年中絶やさず、安定供給に努めている。

 小山さんは言う。「横浜で育った四季折々の野菜を、おいしく楽しく味わってほしい」



小山農園直営 農家レストランSOZAIYA

住所 横浜市都筑区中川中央1の1の5、YOTSUBAKO7階
アクセス 横浜市営地下鉄センター北駅徒歩1分
電話 045(509)1585
営業時間 午前11時半~午後2時半(土日・祝日同3時)、同5時半~10時
定休日 月曜と第2火曜休み(臨時休業あり)
公式HP https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140203/14068948/
備考欄 ※当面の間、弁当販売のみ

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

お薦め品(※当面の間、弁当販売のみ)

【農園サラダ】ディナー限定、2~3人前858円

【グリーンスムージー】ディナー715円。ランチはサラダ、小鉢、スープ付きのセットメニュー(1200円~)にプラス100円で注文可

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 懐かしき時代「昭和」 【横浜の純喫茶・コーヒーサロン サガン】革張りソファに身を委ね味わう巨大パフェ 高さ25センチ超

    コーヒーサロン サガン(横浜市港北区)

  2. 大人のお子様ランチ 【GOHAN】大ぶりな海老フライ、形状が楽しいパスタ 洋食メニューの主役が一皿に!!

    GOHAN(相模原市緑区)

  3. ぶらり♪街めぐり みなとみらいに「横濱大食堂」がオープン、一押しはハンバーグ定食

    横濱大食堂(横浜市西区)

  4. 【神奈川のカプセルトイ4選】レバーを回せば、大人もハート奪われる 【江の島ガラス HOOK】江の島郵便局の隣にあるガラス細工の店

  5. ムースでかたどったケーキ「ザ・ローズ」 ローズホテル横浜「パティスリー ミリーラ・フォーレ」で販売

人気タグ