かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. アリはみんな働いている?! 秘密探る近藤正樹さん

テーマ特集 遊び心誘う昆虫⑤
アリはみんな働いている?! 秘密探る近藤正樹さん

  • 近藤蟻蜘蛛研究所(小田原市)
  • 2020年4月25日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 新緑がまぶしい季節。虫たちにとっても、目覚めの時期。昆虫に関するさまざまな話題を集めてみました。身近な生き物の魅力に触れてみませんか。(5/6)


近藤 正樹さん
近藤 正樹さん

 アリを研究して約50年。近藤正樹さんは幼い頃からアリが好きだったわけではなく、県立小田原高校生物部に入った際、身近にいるアリがどんな生物かを知るため研究対象に選んだ。大学院時代には、働きアリの肥満度による行動の差などを研究。その後は、富士山に生息するアリの研究を継続的に行っている。


一般講座で使用した資料。アリは先生の手描き
一般講座で使用した資料。アリは先生の手描き

 「アリには働くアリと働かないアリがいるといわれているが、働いていないわけではない」と近藤さん。若いアリは巣の中で、幼虫をなめて乾燥しないようにするなどの世話をし、いわば家庭の手伝いをしているのだという。その後、外へ出て働くアリがいるのは、空腹が原因だと近藤さんは考えている。また、時折見掛ける羽アリは生殖前のアリで、交尾をすると雌アリは羽が落ちる。交尾をした後、雄アリは死んでしまうため、働きアリに雄はいないそうだ。


富士山で採集したアリ
富士山で採集したアリ

 現在日本にいるアリは約300種。神奈川には約80種が生息している。「今の子どもは遊びから学ぶ機会が少ない。ぜひ、身近にいるアリをじっくり観察してほしい」と近藤さんは呼び掛ける。

☆1934年生まれ。横浜国立大卒、東京都立大大学院で理学博士号取得。著書に「アリの王国」(ポプラ社)など。近藤蟻蜘蛛研究所所長、日本蟻類研究会会長。小田原市在住。


アリの標本
アリの標本

この記事の関連まとめ


昆虫愛が止まらない【神奈川・遊び心誘う昆虫6選】トンボ、アリ、カブトムシ…昆虫食も

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑫ 新江ノ島水族館◇カピバラ

    新江ノ島水族館(藤沢市)

  2. かながわ動物飼育日記⑪ 金沢動物園◇オオツノヒツジ

    金沢動物園(横浜市金沢区)

  3. さっぱりメニューいかがです? 神奈川で楽しむ爽やかレモン6選

  4. 獺祭の酒かすで「大人のかき氷」 老舗酒店がトレッサ横浜店で提供

    「KISSYO SELECT トレッサ横浜店」

  5. 今すぐ行きたい神奈川の避暑地 【2020年】 箱根の観光スポット5選 リニューアルやニューオープン続々

人気タグ