かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 常に新品種に目を光らせる 盛田さんのサヤエンドウ

産地直売 サヤエンドウ
常に新品種に目を光らせる 盛田さんのサヤエンドウ

  • 盛田さんのサヤエンドウ(鎌倉市)
  • 2020年4月30日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 鮮やかな緑のサヤが料理に彩りを添えてくれるサヤエンドウ。なじみのあるスナップエンドウをはじめ、筋がない国産の新品種「スジナイン」や、肉厚で甘みのある「シャンパーニュ」など珍しい品種を育てているのは、鎌倉市で野菜を育てる盛田勝美さん(56)。

 実が膨らむ前の、若くてやわらかいサヤを食べるので、子どもやお年寄りでも食べやすく、栄養も丸ごと取れる。スジナインは名の通り、調理の際に筋を取る必要がないため、「手間が省けてうれしい」と購入者に好評だという。




 畑にはエンドウの白や紫の花が咲き誇り、まるで花畑のよう。春になると大人の背丈ほどにつるが伸び、白や紫、ピンク色のかれんな花を咲かせる。花が咲いてから約1カ月後、サヤがほどよい大きさになったら収穫。4月下旬から5月上旬にかけ、収穫のピークを迎える。

 はじけるような丸い実の「スナップエンドウ」は、それだけで甘みがあるためゆででマヨネーズをかけ、シンプルに。スジナインは、タケノコと一緒にバター炒めに。肉厚で甘みのある「シャンパーニュ」は、パスタなどの彩りに添えるのもお薦めだ。


サヤエンドウと春キャベツとしらすのパスタ
サヤエンドウと春キャベツとしらすのパスタ

 サヤエンドウのほかにも、直売所に野菜を絶やさないよう、何十種類もの野菜を育てている盛田さん。「鎌倉野菜」と呼ばれてから20年近くたつが、古いものにこだわらず、常に新しい品種に目を光らせ、主に国産の新品種を積極的に栽培している。

 「国産の品種は日本の気候や土壌にも適していて、育てやすくおいしい。良いものがあったらチャレンジしているよ」とほほ笑む。定番の野菜から新しい野菜まで、旬の野菜をインスタグラムでも発信中だ。

お薦め品

◇スナップエンドウ
◇スジナイン
◇シャンパーニュ 1袋 各200円

ここで買える

鎌倉市農協連即売所


鎌倉市農協連即売所

住所 鎌倉市小町1の13の10
アクセス 鎌倉駅東口徒歩3分
営業時間 午前8時ごろ~無くなり次第終了
定休日 年末年始のみ休み
公式HP http://kamakurarenbai.com/
備考欄 4班交代制で販売(即売所は直通電話なし。詳細は同[HP]へ)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

盛田さん家の野菜
インスタグラムアカウント:moritayasai

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 【2020】神奈川のイルミネーション&お薦めスポット7選

  2. 【2020】神奈川の紅葉スポット&一息つけるカフェ

  3. 聖なる夜の食卓を飾る 【神奈川のホテルお薦め!クリスマスケーキ12選】優美に優雅にテークアウト品もご紹介

  4. 神奈川おいしいパスタ巡り・横浜 【横浜発祥ナポリタンを味わう6選】

  5. 聖なる夜の食卓を飾る 【神奈川の百貨店お薦め!クリスマスケーキ7選】甘い香りに包まれたい

人気タグ