かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. スプーン作家の宮薗なつみさん、スプーンキット販売 親子で楽しめ、愛着湧く食の道具

名店めぐり 今だから通販
スプーン作家の宮薗なつみさん、スプーンキット販売 親子で楽しめ、愛着湧く食の道具

  • miyazono spoon(二宮町)

シェア・新聞購入ボタン

3つの型から選べ、仕上げ方法も2通り選べる
3つの型から選べ、仕上げ方法も2通り選べる

 スプーン作家の宮薗なつみさん(35)が「家で過ごす時間を少しでも楽しく過ごせるように」と、キット(1セット2200円送料込み)の販売を、期間限定でネットで始めた。ほぼ形が出来上がっているスプーンを粗さが異なる紙やすりで削り、最後はクルミのオイルを絞って塗る。


宮薗さんの作品 通常のスプーンのほか、デザートスプーンやベビースプーンなど。木の種類がわかるよう全部は塗装しないのが特徴
宮薗さんの作品 通常のスプーンのほか、デザートスプーンやベビースプーンなど。木の種類がわかるよう全部は塗装しないのが特徴

 宮薗さんは木製スプーンのみを自分の手で1つ1つ作りあげる。「自分の手の中で生まれ、ずっと作り続けられるもの」。それがスプーンだったという。紆余(うよ)曲折しながらも真っすぐな思いで作り続け、いつしか評判となった。

 普段は展示会のみで販売。それぞれのスプーンの用途や握り心地などを対面で伝えている。


スプーン磨きの様子
スプーン磨きの様子

 キット販売では、新たな交流にもつながった。スプーン作りは小さな子どもも楽しめ、愛着も湧くという。「人生の始まりから最後まで使う食の道具。出来上がったら、必ず何かを食べてください。そこで完成です」と薦める。


miyazono spoonのスプーン作家 宮薗なつみさん
miyazono spoonのスプーン作家 宮薗なつみさん

☆スプーンキット
スプーン(型を3種から選び、ナイフ仕上げか、やすり仕上げを選択)、紙やすり4種、塗装用の板、石、布。2セット以上は4千円ほか。送料込み。

注文はこちらから。売り切れ次第いったん終了。次回の販売開始日や詳細はホームページやフェイスブック、インスタグラム、ツイッターで公開。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ぶらり♪街めぐり 海岸通り「PENNY’S DINER」ハンバーガー

    PENNY’S DINER(横浜市中区)

  2. 神奈川揚げ物6選 【台湾唐揚 横濱炸鶏排(ザージーパイ)】直径15センチ超、特有のスパイス 一口サイズも用意

    台湾唐揚 横濱炸鶏排(横浜市中区)

  3. 【神奈川で食べる栗6選】栗だけにほっこりいただく 鎌倉・モンブランスタンドのモンブラン 賞味期限はなんと2時間

  4. 【アウトドア、クルージング… 近場で非日常体験を楽しむ神奈川6選】

  5. この1年のテーマを振り返る 2020年回顧<イマカナ編集部ベスト10>

人気タグ