かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. ビタミンがC豊富なズッキーニ 川崎の農家・猿渡さん10年で商品に 傷み早い花ズッキーニも出荷

産地直売 ズッキーニ
ビタミンがC豊富なズッキーニ 川崎の農家・猿渡さん10年で商品に 傷み早い花ズッキーニも出荷

  • 農家・猿渡小一郎さん(川崎市多摩区)
  • 2020年5月28日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

ズッキーニ

花ズッキーニ

 「直売所にあまりない色だから、目立つんだよ」と目を細めながら話すのは、農家の猿渡小一郎(さるわたりこいちろう)さん(58)。住宅に囲まれた広さ約30アールの畑で、年間30種ほどを栽培している。今の時季はズッキーニと、エディブルフラワー(食用花)の花ズッキーニの収穫で忙しい。

 ズッキーニはウリ科カボチャ属の野菜。ベータカロテンや食物繊維、ビタミンCなどを豊富に含み、淡色野菜では栄養価が高い。

 栽培しているのは、株が強い「ゼルダ・パワー」と、実に模様が少なくつるりとした「ゼルダ・ネロ」の2種。多く出回る旬の時季を避けるため、やや早めの2月下旬に種をまき、3月中旬に定植。温度を保つためにビニールトンネルをかける。「春は風が強い日があるから、しっかり対策している。今年は3月に雪が降り大変だった」と猿渡さん。対策が功を奏し、今年は全ての株が実を付けている。



 花が咲くのは早朝だけ。収穫できる時間が短く、傷むのも早いため市場に出回りにくい。雄花・雌花ともにきれいな花だが「お得感があるでしょ」と、5センチほどの小さなズッキーニが付いた雌花だけを出荷している。

 残した花は自然のままでは受粉しにくいため、一つ一つ手や筆で授粉させる。5~6日で15センチほどに成長し、4月下旬から6月に出荷している。


猿渡小一郎さん
猿渡小一郎さん

 猿渡さんは、20年前に就農。それまでは精密機械を製造する会社員だった。ズッキーニの栽培を始めたのもその頃で「当時は雄花と雌花もわからなかった」というが、先輩農家に教えてもらいながら、知識と経験を積み重ねた。「商品になるものを作れるようになるのに10年かかった。前職と“ものづくり”という点は同じ。品質が高いものを作り続けたい」と笑顔で話す。

お薦め品

◇花ズッキーニ 1袋280円

◇ズッキーニ  1本120円~

ここで買える


JAセレサ川崎大型農産物直売所「セレサモス」麻生店

住所 川崎市麻生区黒川172
アクセス 小田急線黒川駅徒歩6分
電話 044(989)5311
営業時間 午前10時~午後3時
定休日 水曜
公式HP https://www.jaceresa.or.jp/agri/ceresamos/
備考欄 駐車場あり。両店とも短縮営業中

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


JAセレサ川崎大型農産物直売所「セレサモス」宮前店

住所 川崎市宮前区宮崎2の1の4
アクセス 東急田園都市線宮崎台駅徒歩6分
電話 044(853)5011
営業時間 午前10時~午後3時
定休日 水曜
公式HP https://www.jaceresa.or.jp/agri/ceresamos/
備考欄 駐車場あり。両店とも短縮営業中

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑦ 夢見ケ崎動物公園◇シセンレッサーパンダ

  2. タマネギ 辛みがなく甘くてジューシー 小田原「俺たちのファーム」の下中たまねぎ

    俺たちのファーム(小田原市、中井・二宮町)

  3. イマ的生活 「心の安定届けたい」円覚寺(鎌倉市)がオンライン座禅配信 写経や日曜説教も 

    円覚寺(鎌倉市)

  4. かながわ動物飼育日記⑥ 京急油壺マリンパーク◇キタイワトビペンギン

  5. かながわ動物飼育日記⑤ 新江ノ島水族館◇バンドウイルカ

人気タグ