かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 週末のススメ
  3. 【かながわの本/茶聖】茶の湯で戦国に抗する

週末のススメ BOOK
【かながわの本/茶聖】茶の湯で戦国に抗する

  • 2020年3月22日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 戦国時代の政治は二畳の茶室で繰り広げられた。茶の湯で武将を魅了し、フィクサーともいわれた千利休の目で、豊臣秀吉の天下統一の裏面史を描く。

 武力で天下人を目指す秀吉に利休が仕えたのは、茶の湯の力で武人の心を静め、世を静謐(せいひつ)に導こうとしたからだった。秀吉の九州平定後、利休は公家や武士、それに庶民も招き「大茶湯」を開くよう進言する。「民を茶の湯に執心させることができれば、下剋上(げこくじょう)など考える者はいなくなります」と説得する言葉に利休の狙いが表れている。

 だが、利休の願いはむなしく秀吉は変わらない。前半、利休が秀吉の「侘(わび)」を見せつけられる場面は白眉である。秀吉は天皇を接待する禁中茶会に、黄金の茶室をしつらえたのだ。わびさびとはかけ離れた、下卑た趣向のようでいて、その美しさに利休は言葉を失う。「己の」、独自の美を追求する意味が示される。

 2017年12月から18年11月まで11カ月間、329回にわたり本紙に連載された。著者は横浜市生まれ、在住。

伊東 潤/著、幻冬舎、2090円


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ぶらり♪街めぐり 海岸通り「PENNY’S DINER」ハンバーガー

    PENNY’S DINER(横浜市中区)

  2. 神奈川揚げ物6選 【台湾唐揚 横濱炸鶏排(ザージーパイ)】直径15センチ超、特有のスパイス 一口サイズも用意

    台湾唐揚 横濱炸鶏排(横浜市中区)

  3. 【神奈川で食べる栗6選】栗だけにほっこりいただく 鎌倉・モンブランスタンドのモンブラン 賞味期限はなんと2時間

  4. 【アウトドア、クルージング… 近場で非日常体験を楽しむ神奈川6選】

  5. この1年のテーマを振り返る 2020年回顧<イマカナ編集部ベスト10>

人気タグ