かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 週末のススメ
  3. 【かながわの本/ヨコハマ文芸 第3号】十人十色の街の記憶

週末のススメ BOOK
【かながわの本/ヨコハマ文芸 第3号】十人十色の街の記憶

  • 2020年4月5日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 2018年に発足した「横浜文芸の会」による総合文芸誌が第3号を出した。今号のテーマは横浜。小説、詩歌、随筆など多様なジャンルで横浜が描かれる。

 冒頭の小説「野毛ちかみち」(かがわとわ)「恋があった日々」(牧野薊)「おいで蝋人形館」(塚田吉昭)「久美子の休日」(黒崎つぐみ)には野毛、相生町、大さん橋、その近くのレストラン「スカンディヤ」…と固有名詞が登場し、読んでいて楽しい。

 長年、沖縄を取材する渡部允は評論「横浜の『ウチナーンチュ』」で沖縄出身者が集住する地域の歴史的背景を説く。本誌の編集を手掛ける植竹伸太郎は「シンチューグンがいたころ」と題して、金網に遮られた接収地の記憶を描写。芥川賞作家の宮原昭夫は「記憶の謎」と題し、幼いころ眺めたらしい海軍の観艦式を、ニュース映画の映像を交錯させながら思い出す。

 120ページ余りの厚みに会の活況がうかがえる。年2回の刊行を目指し、会員は執筆や編集に奔走している。有隣堂など県内主要書店で販売。

 横浜文芸の会/著、同会事務局(植竹方)、550円


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、「ドラえもん」デザインの陶器入りプリン 17日から

  2. アナゴ 【横浜・柴漁港内の食堂・小柴のどんぶりや】衣サクサク、身はふっくら 穴子丼一本盛

    小柴のどんぶりや(横浜市金沢区)

  3. 抹茶ラテのようなスイーツ「お茶一ぷく」 鎌倉五郎本店から

  4. からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの「鳥八三」(とりはっさん) 自家製「コンブチャ」評判

    鳥八三(横浜市港南区)

  5. 「イグドラジル ブルーイング」(平塚市)醸造所併設型パブ、量り売りで自宅でも

    イグドラジル ブルーイング(平塚市)

人気タグ