かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【神奈川のテラス席】きのこ苑お山のたいしょう、四季折々の変化体感

テーマ特集 【神奈川のテラス席】きのこ苑お山のたいしょう、四季折々の変化体感

  • きのこ苑お山のたいしょう(小田原市)
  • 2020年7月4日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

お山のたいしょうコース(しいたけあり2600円、なし2300円)と手作り夏みかんジュース(450円)
お山のたいしょうコース(しいたけあり2600円、なし2300円)と手作り夏みかんジュース(450円)

 「ふるさとに帰ってきたような気持ちになれる店」と話す佐久間孝子さん(44)。取れたて原木シイタケのおいしさを知ってもらいたいとの思いから、1993年に両親が店を開いた。

【まとめ】テラス席、神奈川の6選



 山の中にある苑内は自由に散策可能で、おかめ桜など四季折々の草花を楽しめる。緑の山々と青い海を望むテラス席は木陰にあるので、涼しく感じられるのがうれしい。「鳥やヒグラシの鳴き声を聞きながら、食事を楽しめますよ」とにっこり。


カサにある白い斑点は新鮮な証拠
カサにある白い斑点は新鮮な証拠

 定番メニューの炭火焼きは4種類を用意。自分でシイタケ狩りをする「しいたけなし」と、手軽に取れたてシイタケを味わえる「しいたけあり」を選べる。一番人気は「お山のたいしょうコース」で、キノコ盛り合わせ、野菜、手作りこんにゃく、豚肉、おにぎり2個がセット。シイタケの創作料理も豊富にそろう。


今の時季にぴったりな「きのことお山の柑橘(かんきつ)の甘酢漬け」(420円)
今の時季にぴったりな「きのことお山の柑橘(かんきつ)の甘酢漬け」(420円)

 外出自粛中に、「自然の中でする深呼吸は必要なもの」と感じた佐久間さん。「この場所だからこその楽しさを満喫して、リフレッシュしてほしい」と話す。



きのこ苑お山のたいしょう

住所 小田原市根府川657
アクセス JR根府川駅徒歩35分
電話 0465(29)1393
営業時間 午前10時半~午後3時
定休日 水・木曜、年末年始休み
公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~kinokoen/
備考欄 送迎あり、駐車場あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ぶらり♪街めぐり 海岸通り「PENNY’S DINER」ハンバーガー

    PENNY’S DINER(横浜市中区)

  2. 神奈川揚げ物6選 【台湾唐揚 横濱炸鶏排(ザージーパイ)】直径15センチ超、特有のスパイス 一口サイズも用意

    台湾唐揚 横濱炸鶏排(横浜市中区)

  3. 【神奈川で食べる栗6選】栗だけにほっこりいただく 鎌倉・モンブランスタンドのモンブラン 賞味期限はなんと2時間

  4. 【アウトドア、クルージング… 近場で非日常体験を楽しむ神奈川6選】

  5. この1年のテーマを振り返る 2020年回顧<イマカナ編集部ベスト10>

人気タグ