かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 厚木・ワイルドふぁーむの白いトウモロコシ フルーツのような甘味、生でも食せる

産地直売 ホワイトコーン
厚木・ワイルドふぁーむの白いトウモロコシ フルーツのような甘味、生でも食せる

  • ワイルドふぁーむ(厚木市)
  • 2020年7月9日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

甘みたっぷりの白く輝く実は、粒がそろい、弾けそうなほどにぷっくりしている
甘みたっぷりの白く輝く実は、粒がそろい、弾けそうなほどにぷっくりしている

 濃い緑の葉をむくと現れる、真っ白なホワイトコーン。目がそろった実は、水分をたっぷり蓄えて真珠のように輝いている。一般的な黄色い品種に比べて糖度が高く、生でも食すことができる実はフルーツのように濃厚な甘味。食べてみると、かじりつくたびにしたたるほどの果汁があふれ出て驚いた。

 上荻野地区にある1万5千平方メートルの畑で栽培されるトウモロコシは年間約3万本。皮まで柔らかい「ピュアホワイト」に、シャキシャキとした食感が特徴の「ホワイトショコラ」や「プラチナコーン」など5品種。



 雄穂が揺れる高さ2メートルほどの太い幹の根元に目をやると、ひげ根ががっしりと地をつかむように生えているのが見て分かる。「根がしっかり張れるように土をよくかき混ぜて、ふわふわの土壌を作っているんですよ」と話すのは井上芳文さん(39)。県の農業学校で出会った妻の詠理子さん(25)と、2016年から農園をスタートした。

 「この地域は標高が高いので、寒暖差が大きく霜が降りやすい。風もかなり強いですから対策が肝心なんですよ」と語る。3月に、苗を保護していた二重トンネル状のビニールが強風にあおられて被害を受けたものの、後の対処と天候に恵まれ、今年は品質の良いものが豊作だそう。「厳しい環境で甘味が増します。実が太って、ひげが付いている先端の方が丸みを帯びているのが特に良いものですよ」と話す顔に笑みがこぼれる。


農園ではブルーベリーも栽培。さまざまな品種がミックスしたパック(品種ミックスセット150グラム、450円)が購入可能だ
農園ではブルーベリーも栽培。さまざまな品種がミックスしたパック(品種ミックスセット150グラム、450円)が購入可能だ

 収穫後は、敷地内に先月オープンした店舗や、通信販売、市内の食料品店で販売。同園で育てたブルーベリーとともに購入可能だ。詠理子さんは今後予定している新たな試みを打ち明けながら、「来てもらうたびに良い変化がある、おいしくて楽しい農園にしていけたら」と目を輝かせる。

お薦め品

◇ホワイトコーン 1本
(ホワイトショコラ、ピュアホワイト、プラチナコーン)

 Sサイズ(150円)
 Mサイズ(200円)
 Lサイズ(250円)
※直売(8月下旬まで)

ここで買える


ワイルドふぁーむショップ

住所 厚木市上荻野3434の1
アクセス 小田急線本厚木駅からバスで平山坂上下車7分
電話 050(7118)5753
営業時間 水・土・日曜の午前10時~午後1時
公式HP https://www.wild-farm-2016.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

通信販売


ワイルドふぁーむ(ポケットマルシェ内)

公式HP https://poke-m.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。

トウモロコシ関連記事

横浜の直売所で、朝もぎのトウモロコシ 夜明け前に収穫

夕市で井上園芸のトウモロコシが人気 厚木基地北側に直売所

秦野のじばさんずで直売 新鮮トウモロコシは「ぜひ生で」


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑨ 横浜・八景島シーパラダイス◇ケープペンギン

    横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)

  2. 夏の観光シーズン本番目前 【2020年】 箱根の観光スポット5選 リニューアルやニューオープン続々

  3. 神奈川のふわっふわかき氷4選 【かき氷4選・こまち茶屋】紫陽花水 アジサイをイメージ進化系、紫色に変身

    こまち茶屋(鎌倉市)

  4. 【2020年版】今すぐ行きたい!箱根の最新スポット5選 箱根登山電車の箱根湯本―強羅駅間がいよいよ再開 23日から「全線運転再開記念乗車券」発売

  5. タマネギ 辛みがなく甘くてジューシー 小田原「俺たちのファーム」の下中たまねぎ

    俺たちのファーム(小田原市、中井・二宮町)

人気タグ