かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. 多摩川梨が和菓子に 羊羹、みるくまんじゅうで販売

名店めぐり ナシ
多摩川梨が和菓子に 羊羹、みるくまんじゅうで販売

  • 菓子匠 末広庵
  • 2020年8月13日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 「多摩川梨羊羹」(1本420㌘ 1800円)、「多摩川梨のみるくまんじゅう」(1箱5個入り 700円)
「多摩川梨羊羹」(1本420㌘ 1800円)、「多摩川梨のみるくまんじゅう」(1箱5個入り 700円)

 廃棄処分となる川崎市の名産品「多摩川梨」を加工し、地元の老舗和菓子店「菓子匠 末広庵」が和菓子にして1日から販売している。

 多摩川梨は昨年、果肉の一部が透明になり、食感が悪くなる「みつ症」が多数発生。食用には問題ないため、出荷できない梨をセレサ川崎農業協同組合が買い取りピューレに加工、同店と和菓子を共同開発した。

 梨を食べているかのような味わいの「多摩川梨羊羹」(1本420㌘1800円)と、ピューレを白あんに練り込み、バターの風味が香ばしい皮で包んで焼き上げた「多摩川梨のみるくまんじゅう」(1箱5個入り700円)の2種。

 県内の同店6店舗と、JA大型農産物直売所セレサモス宮前店、麻生店で販売している。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、ミニポーチを限定販売 人気のビーカー入りプリンをイメージ

  2. 横浜DeNAベイスターズとコラボ食パン 焼き印にシンボルマークとロゴ

  3. 王道から変わり種まで 【神奈川の人気餃子6選】焼き目パリッと、皮はもちっと

  4. かながわ動物飼育日記㉒ 箱根園水族館◇ゴマフアザラシ

    箱根園水族館(箱根町)

  5. ホテルインフォメーション 【ハイアットリージェンシー横浜】開業後初のアフタヌーンティー 全スイーツに旬のイチゴ

人気タグ