かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. シルク博物館で作品展示、横浜 楽しい夏の風景を繭クラフトで表現 

気になる シルク博物館で作品展示、横浜 楽しい夏の風景を繭クラフトで表現 

  • シルク博物館(横浜市中区)
  • 2020年9月4日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

絹糸を使用した夏野菜
絹糸を使用した夏野菜

 30日まで、午前9時半~午後5時(最終入館は同4時半)、シルク博物館(みなとみらい線日本大通り駅徒歩3分)。入館料500円、65歳以上・大学生300円、小学生以上100円。

 繭をそのまま使用するだけでなく、繭を煮て柔らかく伸ばした「真綿」や繭から作られた美しい絹糸や生地を使い、楽しい夏の風景を表現したという。疫病退散の力があるという妖怪「アマビエ」の作品も。

 月曜休み(祝日の場合は翌平日)。同館☎045(641)0841。
 


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ