かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 週末のススメ
  3. メリーゴーランドで楽しい思い出を 手すりも感染防止 

週末のススメ メリーゴーランドで楽しい思い出を 手すりも感染防止 

  • メリ~ゴーランド研究所(横浜市中区)
  • 2020年9月3日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 「安心して楽しい思い出を残してもらいたいですね」。

 メリーゴーラウンドを製作する寺道健一朗さん(50)=横浜市中区=は、色とりどりの長さ約1㍍の棒を手にしながら、笑顔を見せる。棒は〝木馬〟に取り付ける交換式の持ち手で、コロナ感染防止のため、20本作った。木馬にも深さ約40㌢の受け口を設けた。

 手掛けるメリーゴーラウンドは直径約2.7~3.6㍍で、通常は3頭立て。2011年に1号機を完成させ、今年10月には14号機が公開される。移動できるため、催事での出展要請も多い。今年はコロナ禍で2月以降、出番がなかったが、9月12、13日に横浜市内の住宅展示場に登場する予定。交換式の持ち手もお披露目される。「持ち手を自分で選ぶ楽しさも加わればうれしいですね」

 曽祖父の芳助さんは、大野市太郎の騎手名で「イチ」のニックネームとして親しまれた明治期の名ジョッキー。健一朗さんはレリーフパネルなどを作っていたが、11年前から独学でメリーゴーラウンド製作に取り組み始めた。

 「自分も馬が好きだった。知らず知らずのうちに曽祖父に導かれたのかもしれない」。馬で夢を与える系譜は引き継がれている。

関連記事
 馬で夢を与える系譜 横浜、伝説の騎手のひ孫がメリーゴーラウンド製作

 病院にメリーゴーラウンド 横浜、入院中の子どもたちが楽しむ


交換式の持ち手を手にする寺道さん(左) =横浜市中区のメリーゴーランド研究所
交換式の持ち手を手にする寺道さん(左) =横浜市中区のメリーゴーランド研究所

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑫ 新江ノ島水族館◇カピバラ

    新江ノ島水族館(藤沢市)

  2. かながわ動物飼育日記⑪ 金沢動物園◇オオツノヒツジ

    金沢動物園(横浜市金沢区)

  3. さっぱりメニューいかがです? 神奈川で楽しむ爽やかレモン6選

  4. 獺祭の酒かすで「大人のかき氷」 老舗酒店がトレッサ横浜店で提供

    「KISSYO SELECT トレッサ横浜店」

  5. 今すぐ行きたい神奈川の避暑地 【2020年】 箱根の観光スポット5選 リニューアルやニューオープン続々

人気タグ