かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【五十嵐写真館】明治30年創業 郷土の写真を小田原市に寄贈

テーマ特集 神奈川 街の写真館6選
【五十嵐写真館】明治30年創業 郷土の写真を小田原市に寄贈

  • 五十嵐写真館(小田原市)

シェア・新聞購入ボタン

2020年9月12日公開 | 2020年9月5日神奈川新聞掲載


野毛の街頭で写真を撮っていた時に掲げていた旗と、ハルさんの肖像写真=小田原市の五十嵐写真館
野毛の街頭で写真を撮っていた時に掲げていた旗と、ハルさんの肖像写真=小田原市の五十嵐写真館

 4代目の博さん(62)が小学3年生の頃まで共に暮らしたハルさんは「小柄で優しい人」だったが、当時は、女性写真師として店を引っ張り活躍。進歩的な女性だった。

【まとめ】神奈川、街の写真館6選

 明治30年創業の老舗。創業者の五十嵐ハルさんは、日本の写真の祖とされる下岡蓮杖(れんじょう)の店で奉公するため横浜へ。その後、技師と駆け落ちし、野毛周辺の街頭で旗を掲げて写真を撮っていたが、明治21年に起きた野毛の大火を機に小田原市へ戻り店を開いた。


関東大震災の前年に撮影。唯一残っている当時の写真館の写真。ハルさん(左端)、登さん(右端)
関東大震災の前年に撮影。唯一残っている当時の写真館の写真。ハルさん(左端)、登さん(右端)

 昭和40年代には、明治から昭和にかけての同市の写真を市立図書館へ寄贈。大正から戦前の様子がわかる写真を多数残した祖父の登さんは、「これらの写真を小田原の財産にしてほしい」と語り地元を大切にしていた。

 「独特の空気感がある写真館の写真を残していきたい」と五十嵐さん。お客さまの気持ちを考えながら撮影するため、写真が仕上がる頃には家族のような気分になるそうだ。「八百屋さんや食堂などと同じように、昔はなくてはならない存在だった。ぜひ写真館の良さを知ってほしい」と語る。



五十嵐写真館

住所 小田原市本町4の2の46
アクセス 小田原駅徒歩14分
電話 0465(23)4420
営業時間 午前9時~午後6時
定休日 無休
公式HP http://www.photo-studio-igarashi.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【オススメ】

夏の星空を眺める 神奈川6選 天の川観測のオススメ撮影スポット
ひと味違うバラ特集①【自然写真家・石井孝親さん】バラを上手に撮るこつ
遊び心誘う昆虫①美しい虫の世界を発信 昆虫写真家・尾園暁さん
箱根の今昔④写真からうかがう箱根の歴史

【関連記事】

SNS映えする写真術①背景セット使いキレイに撮る
SNS映えする写真術②当日予約できる教室で撮る
SNS映えする写真術③白く写る空や地面は控えめに撮る
SNS映えする写真術④愛犬をかわいく撮る
SNS映えする写真術⑤アドバイスを受けながら撮る
SNS映えする写真術⑥社会的弱者をやさしく支え撮る


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑬ 京急油壷マリンパーク◇ゴマフアザラシ

    京急油壷マリンパーク(三浦市)

  2. 京急百貨店で「大北海道展」 10月1日まで

    京急百貨店(横浜市港南区)

  3. 【神奈川で食べる栗6選】栗だけにほっこりいただく 鎌倉・モンブランスタンドのモンブラン 賞味期限はなんと2時間

  4. さっぱりメニューいかがです? 神奈川で楽しむ爽やかレモン6選

  5. 【神奈川揚げもの6選】気分アゲアゲ 和洋中そろっています 

人気タグ