かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【大涌谷くろたまご館】温泉地でじっくり1時間ゆで うま味増す

テーマ特集 黒を食す②
【大涌谷くろたまご館】温泉地でじっくり1時間ゆで うま味増す

  • 大涌谷くろたまご館(箱根町)
  • 2020年9月17日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 見た目もインパクト抜群の「黒」のメニュー。整腸作用があるとされる竹炭や、栄養価の高い黒ごま、鉄分などが盛り込まれ、健康効果も期待されます。夏ばて気味の身体に取り入れてみませんか。(2/4)


黒たまご5個(500円・塩付き)
黒たまご5個(500円・塩付き)

 約80度の温泉池で1時間かけてじっくりとゆでる黒たまご。殻が黒くなるのは、温泉池に含まれる鉄分が殻に付着し、硫化水素が反応して硫化鉄になるからだ。その後、温泉の噴気で15分蒸し上げて完成。すべての行程を手作業で行う。

 作りたてを現地で食べると味は格別だが、テレビ取材の際に成分を調べてみると、実際に黄身のうま味が約1.2倍アップしていたことが分かった。白身には、温泉池含有のナトリウムにより塩味が付く。



 大涌谷を観光地に育てたいと販売を始めたのは70年前。まんじゅう以外の商品を思案していたところ、現地の人が野菜をゆでに温泉へ来るのを見て、卵をゆでることを思い付いた。

 奥箱根観光取締役営業部長の梁瀬雅之さん(63)は、「他県へ行かずとも、身近な場所で非日常を味わえるのが箱根。秋の行楽にぜひいらして下さい」と呼び掛ける。



関連記事
【Hayama cafe】1日限定20食 インパクト抜群のバーガー
【菓子工房おおはら】工場夜景のような豆菓子 老舗店職人が手作り
【佐藤製麺所】黒ごまたっぷり もちもち担々麺

こちらも黒
【なんつッ亭】黒マー油が目を引くラーメン
【神奈川のチャーハン】「うなぎ黒チャーハン」が看板メニュー 伊勢原で評判の中華料理店
【松崎煎餅 ブレーメン通り店】ここでしか食べられない♡黒蜜きな粉パフェ
▼ 川崎大師「大谷堂」釜あげわらび餅 黒蜜からんで熱々新食感
【伊右衛門農園】ビールのお供に最高、10月の「丹波の黒豆」まで
【maru庄屋・大磯】豆と雑穀の専門店が作る焼むすび 幻の北海道産黒千石豆も
【横須賀松坂屋】ローストビーフ、イカスミソーセージ・・・ 三浦半島の農家や漁師とコラボ


大涌谷くろたまご館

住所 箱根町仙石原1251
アクセス 箱根ロープウェイ大涌谷駅すぐ
電話 0460(84)9605
営業時間 午前9時~午後4時(くろたまSHOP)。黒たまごの販売は同4時20分。売り切れの可能性あり。季節による変動あり
定休日 無休
公式HP http://www.owakudani.com/
備考欄 駐車場あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 【神奈川のロケ地6選】映画やドラマの舞台を訪ねる ドラマ「義母と娘のブルース」 改札口付近やホームを舞台に第7話で登場・相鉄線湘南台駅

    湘南台駅(藤沢市)

  2. 【2020】神奈川のイルミネーション&お薦めスポット7選

  3. 神奈川おいしいパスタ巡り・横浜 【横浜発祥ナポリタンを味わう6選】

  4. 聖なる夜の食卓を飾る 【神奈川の百貨店お薦め!クリスマスケーキ7選】甘い香りに包まれたい

  5. ジュエリーのようなパフェ「コラージュ」 店内手作りでテイクアウト可能、一番人気はモンブラン

    collage[コラージュ](川崎市宮前区)

人気タグ