かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. 【STEAK LAB.BY TSURUMI DINING】看板メニューは「ステーキと米」 味も大きさも真っ向勝負

名店めぐり 牛肉
【STEAK LAB.BY TSURUMI DINING】看板メニューは「ステーキと米」 味も大きさも真っ向勝負

  • ステーキラボ(横浜市鶴見区)
  • 2020年10月1日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

「ステーキと米」は量が多いので食べ残しを持ち帰る人がほとんど。テークアウト弁当も用意している=STEAK LAB.BY TSURUMI DINING
「ステーキと米」は量が多いので食べ残しを持ち帰る人がほとんど。テークアウト弁当も用意している。

 ステーキをたらふく食べたい人にうってつけの店が今夏、鶴見駅近くに誕生した。

 看板メニューは、その名も「ステーキと米」。1ポンド(450グラム)という目を疑うほど大きなアンガス牛ランプ肉ステーキが、1650円とお値打ち価格で堪能できる。しかも、ニンニク、野菜、ご飯の大盛りも無料。出来上がりを初めて目にした人は歓声を上げること請け合いだ。

 牛肉は真空低温調理を施し、期待以上に軟らかな仕上がり。赤身のうま味も際立ち、ニンニクしょうゆベースのソースが食欲を加速させる。甘辛い南蛮みそも添えられ、〝味変〟しながら楽しく食べ進められる。



 「ラーメン店スタイルのステーキ店を目指した」と店長の佐藤圭介さん(24)。

 券売機やセルフサービスを導入し、人件費を抑えることで格安提供に徹しているという。

 メニューは同品と「極厚ポークジンジャーと米」(1300円)の2品のみ。真っ向勝負が潔い。


店のシステムを説明する店長の佐藤さん=STEAK LAB.BY TSURUMI DINING
店のシステムを説明する店長の佐藤さん


STEAK LAB.BY TSURUMI DINING

住所 横浜市鶴見区鶴見中央4の31の2
アクセス JR鶴見駅東口徒歩5分
電話 045(834)7746
営業時間 午前11時半~午後2時、同5~10時(土日・祝日は通し営業)
定休日 無休
公式HP https://steak-lab.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、ミニポーチを限定販売 人気のビーカー入りプリンをイメージ

  2. ぶらり♪街めぐり スープカレーネイビーズ、石川町にオープン 大きめザンギにふんだんの野菜

    スープカレーネイビーズ横浜中華街店(横浜市中区)

  3. 横浜DeNAベイスターズとコラボ食パン 焼き印にシンボルマークとロゴ

  4. 王道から変わり種まで 【神奈川の人気餃子6選】焼き目パリッと、皮はもちっと

  5. かながわ動物飼育日記㉒ 箱根園水族館◇ゴマフアザラシ

    箱根園水族館(箱根町)

人気タグ