かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 本牧「奇珍楼」バンメン

うまい ぶらり♪街めぐり
本牧「奇珍楼」バンメン

  • 奇珍楼(横浜市中区)
  • 2020年10月19日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

「バンメン」
「バンメン」

常連うなるあんかけ麺

 老舗中華料理店に掲げられたメニューに見慣れない「バンメン」(940円)の文字。注文すると、イカ、エビの海鮮類、豚肉、タケノコ、キャベツ、ニンジン、キクラゲなど、彩り豊かな具が麺を覆いつくす一品が出てきた。

 見た目だけではなく、さまざまな食感を楽しめる。あんかけと具材から出るだしが溶け込んだスープもうまい。細い麺にもからみつく。店主の黄国栄(こうこくえい)さん(72)は「昔から来ている客に、根強い支持があります」と話す。

【関連記事】野毛「麺処 神出鬼没」、オープン 口の中でほぐれる牛筋カレーうどん


シウマイ
シウマイ

 バンメンを提供する店は横浜市内に多く、具材や味もそれぞれ異なるようだ。奇珍楼ではスープが通常の丼鉢の麺より少なく、皿はかつてバンメン専用だったいう。

 店の料理は甘辛がベース。毎日店で巻いているシウマイ(5個550円)も甘みを感じる。豚肉に少しのタマネギを加えたシンプルな具が薄い皮にぎっしり。


黄国英さん(右)と妻の知子さん
黄国英さん(右)と妻の知子さん

 中国・広東省出身の祖父・遠光(えんこう)さんが1917年、開店。「手を抜いてはいけない。日本人の好みに合うように作らないと成り立たない」。国栄(こくえい)さんは、父・礼祥(れいしょう)さんや姉・秀晃(しゅうこう)さんから引き継いだ教えを心にとめる。変わらない味に、3世代で通う客も多い。



奇珍楼(きちんろう)

住所 横浜市中区麦田町2の44
アクセス JR石川町駅、山手駅より、それぞれ徒歩約10分
電話 045(641)4994
営業時間 午前11時半~午後3時、午後5~9時
定休日 木曜定休(祝日の場合は営業、前日休み)、月に1、2回水曜休み

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 昔ながらの手作り焼きプリン 1984年創業マーロウのプリン おいしさと人気の秘密を大公開

    マーロウ(横須賀市)

  2. 九州・沖縄の名産品を集めた催事 そごう横浜店で10月26日まで

  3. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

  4. おいしいお米が食べたい 鎌倉・おこめ天松堂の看板メニューおむすび 女性や子どもたちに人気

    おこめ天松堂(鎌倉市)

  5. 横浜の夜をイメージ チョコレート専門店「バニラビーンズ」のクリスマスケーキ

人気タグ