かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 川崎・かしま園、選んで掘り取るパンジーウオーク 「愛着もひとしお」

産地直売 パンジー、ビオラ
川崎・かしま園、選んで掘り取るパンジーウオーク 「愛着もひとしお」

  • かしま園(川崎市中原区)
  • 2020年11月26日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

初めて地掘りを体験する親子
初めて地掘りを体験する親子

 武蔵小杉のタワーマンションを望む住宅街にある観光農園。鹿島俊祥さん(30)が、父の連(むらじ)さん、母の恵子さんと共に、20アールの畑でパンジーとビオラ40種以上約4万株を地植えで栽培している。今の時季は、国内でも珍しい掘り取りができる「パンジーウオーク」を開催している。

 受け付けでスコップやトレーを受け取り、畑の中で気に入った苗を自由に掘り、購入できる。一般的な花店とは比べものにならない広さと数に、初めて訪れる客は戸惑いながらも楽しそうに畑を歩き回る。常連客は「掘ると愛着もひとしお」と笑う。


花びらがウサギの耳のような形の品種「カシスキュート」
花びらがウサギの耳のような形の品種「カシスキュート」

 花びらは鮮やかな黄色や紫色のほか、かわいらしいフリルやウサギの耳の形のものもある。「パンジーとビオラの違いは、花の輪の大きさ。うちは小輪のパンジーを選んでいます。冬でもたくさん花が咲くので華やかですよ」と俊祥さんは話す。


かしま園・鹿島俊祥さん
かしま園・鹿島俊祥さん

 8月下旬に畑の一角に種をまいて育苗し、成長を見て9月下旬~10月第1週に定植する。「4万本を1本ずつ手植え。親戚に手伝いに来てもらうが、1週間くらいかかる」。土に慣れない人が掘り取りすることを考慮して、通路も株間も広めに植える。現在、株は直径10センチ前後のものが多いが「地植えはポット栽培より根張りが良く、風雨の中で成長しているから丈夫。春には倍くらいの大きさになって、ゴールデンウイークまできれいに咲いてくれます」。咲き終わった花をこまめに摘むと、次の花が咲きやすく、長持ちするという。

 以前は市場や業者への販売だけだったが、20年ほど前に連さんがパンジーウオークを始めた。現在は好評を得ているが、当時は畑に人を入れることに反対されたという。昨年には俊祥さんが畑を継ぎ、長男も誕生した。「今ある畑を守りながら、子どもに『やりたい』と思ってもらえる農業をしていきたい」と決意を語った。


4万株のうち3万株は市場や業者へ
4万株のうち3万株は市場や業者へ

お薦め品

◇パンジー・ビオラ
1株100円 (10株購入で1株無料)


1株の中でさまざまな色の花が咲く、人気の「マンゴーアンティーク」
1株の中でさまざまな色の花が咲く、人気の「マンゴーアンティーク」

かしま園

住所 川崎市中原区下小田中5の1の2
アクセス JR武蔵中原駅徒歩15分
電話 044(777)0923
営業時間 午前9時~午後3時(12月6日まで)
定休日 雨天休園
公式HP http://kashimaen.my.coocan.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 横浜赤レンガ倉庫でフラワーガーデン開催 ライトアップも、18日まで

    横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)

  2. 【神奈川で食べる栗6選】栗だけにほっこりいただく 海老名・ロリアン洋菓子店の黄金のモンブランロール 生クリームにも刻んだ栗が

  3. マーロウ、第2弾プリンパフェ そごう横浜店で9日から

    そごう横浜店(横浜市西区)

  4. 「シウマイ弁当」の具材をおにぎりした弁当 駅弁の日に合わせ

  5. 選手寮のカレーの味をイメージしたパン 山崎製パン、ベイとコラボ

人気タグ