かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 週末のススメ
  3. コロナウイルスのころなっちとぼく 「絵本で楽しく伝えたい」鎌倉の作家描く

週末のススメ コロナウイルスのころなっちとぼく 「絵本で楽しく伝えたい」鎌倉の作家描く

  • 2020年12月10日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

絵本作家の近藤えりさん(日本児童出版美術家連盟会員)は、絵本作品のほか、保育雑誌のイラストや童話の挿絵などを手がける
絵本作家の近藤えりさん(日本児童出版美術家連盟会員)は、絵本作品のほか、保育雑誌のイラストや童話の挿絵などを手がける

 鎌倉市在住の絵本作家、近藤えりさん(48)が、コロナウイルスをテーマに描いた絵本「コロナウイルスのころなっちとぼく」を発刊した。

 お母さんと買い物に行ったスーパーで、コロナウイルスの「ころなっち」に出会ったぼくが、ころなっちとの会話を通してコロナウイルスとの付き合い方を学んでいくというストーリー。自身の子育てや保育士経験を生かした近藤さんの温かい絵とともに、ころなっちは何者なのか、どうすればいいのかなどを、ぼくの視点からわかりやすく描いた。


チャイルド社、作・絵:近藤えり、監修:宮澤正顯(近畿大学医学部教授)1540円。書店で注文またはチャイルドショップ[HP]へ

 絵本が企画されたのは、コロナ禍の5月。「コロナウイルスから子どもたちを守りたい」という近藤さんと出版社の思いが重なり、異例の緊急出版だったという。一生懸命やっていても感染することもあり、それがいじめにつながったりすることも。大人の意識とは別に、子どもたちには楽しく伝えたいという思いで生まれた「ころなっち」。手に取った子どもたちは「ころなっち!」と自然に口にするようになったと声が寄せられた。近藤さんは「大人の言葉では伝わらないことも、絵本で楽しく伝えられたら」と願いを込める。読み聞かせなら2歳、自分で読むなら4歳から。大人も一緒に学べます。

 ☆チャイルド社、作・絵:近藤えり、監修:宮澤正顯(近畿大学医学部教授)1540円。書店で注文またはチャイルドショップホームページ


免疫学者監修による手の洗い方やマスクの付け方などの解説付き
免疫学者監修による手の洗い方やマスクの付け方などの解説付き

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ぶらり♪街めぐり 海岸通り「PENNY’S DINER」ハンバーガー

    PENNY’S DINER(横浜市中区)

  2. 神奈川揚げ物6選 【台湾唐揚 横濱炸鶏排(ザージーパイ)】直径15センチ超、特有のスパイス 一口サイズも用意

    台湾唐揚 横濱炸鶏排(横浜市中区)

  3. 【神奈川で食べる栗6選】栗だけにほっこりいただく 鎌倉・モンブランスタンドのモンブラン 賞味期限はなんと2時間

  4. 【アウトドア、クルージング… 近場で非日常体験を楽しむ神奈川6選】

  5. この1年のテーマを振り返る 2020年回顧<イマカナ編集部ベスト10>

人気タグ