かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. 横浜高島屋にBAY-ya(ベイヤ)、オープン AIで日本酒の新たな楽しみ方提供

名店めぐり 横浜高島屋にBAY-ya(ベイヤ)、オープン AIで日本酒の新たな楽しみ方提供

  • BAY-ya(ベイヤ)

シェア・新聞購入ボタン

お薦めの「華セット」2750円。それぞれの料理に合う日本酒がセットになっている
お薦めの「華セット」2750円。それぞれの料理に合う日本酒がセットになっている

 日本酒の新たな楽しみ方に出合う新時代の到来だー

 「あたたかみ」「パイナップル」「清流のせせらぎ」など、日本酒の風味や情景を言葉で表現する人工知能(AI)システム「KAORIUM for Sake」を導入し、日本酒と料理のペアリングを提案するバーが、横浜高島屋地下食料品フロア増床エリアに11日、オープンした。


鳥ささみとパクチーいっぱいトマト風味 出汁かけご飯 料理単品1078円、ペアリングのお酒とセット1738円
鳥ささみとパクチーいっぱいトマト風味 出汁かけご飯 料理単品1078円、ペアリングのお酒とセット1738円

 同店を監修したのは、酒ソムリエの赤星慶太さん。来店客はタブレット端末を操作しながら、AIが導き出した約40種類の銘柄の味や香りを参考に、出汁(だし)かけごはんや珍味、デザートなど多彩な料理との相性を楽しめる。日本酒それぞれの違いが分からず、難しさを感じている初心者でも、好みの銘柄が選びやすくなり、楽しみ方も一層広がる。気に入った銘柄は、併設の酒売り場で購入することも可能だ。

 「AIの活用が感染症対策にもつながる」と同店の長谷川亜弓さん(54)は話し、「日本の伝統文化、日本酒を多くの人に親しんでもらい、伝承や普及の一助となれたらうれしい」と展望する。

☆横浜高島屋地下1階、食料品フロア「フーディーズポート」和洋酒売り場内。午前11時~午後9時。問い合わせは、横浜高島屋☎045(311)5111。



書道家の武田双雲さんが店名の文字を揮毫(きごう)した
書道家の武田双雲さんが店名の文字を揮毫(きごう)した

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ぶらり♪街めぐり 海岸通り「PENNY’S DINER」ハンバーガー

    PENNY’S DINER(横浜市中区)

  2. 神奈川揚げ物6選 【台湾唐揚 横濱炸鶏排(ザージーパイ)】直径15センチ超、特有のスパイス 一口サイズも用意

    台湾唐揚 横濱炸鶏排(横浜市中区)

  3. 【神奈川で食べる栗6選】栗だけにほっこりいただく 鎌倉・モンブランスタンドのモンブラン 賞味期限はなんと2時間

  4. 【アウトドア、クルージング… 近場で非日常体験を楽しむ神奈川6選】

  5. この1年のテーマを振り返る 2020年回顧<イマカナ編集部ベスト10>

人気タグ