かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 真鶴町の義新丸、ナマコの素潜り漁 硬過ぎず味に癖なく食べやすい

産地直売 ナマコ
真鶴町の義新丸、ナマコの素潜り漁 硬過ぎず味に癖なく食べやすい

  • 義新丸(真鶴町)
  • 2021年2月25日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

この日捕れたアカナマコ
この日捕れたアカナマコ

 2月と3月の一部期間に真鶴沖で行われるナマコの素潜り漁。義新丸の山田義行さん(46)は、陸から30メートルほどの場所で海中に40秒潜り、海面に上がって40秒休むというサイクルを繰り返しながら、ナマコを捕まえる。

 県内で食用に捕れるナマコにはアカナマコ、クロナマコ、アオナマコがあるが、この日捕れたのはアカナマコ。硬過ぎない食感で味に癖がないので、食べやすいのが特徴だ。


左が義新丸船
左が義新丸船

 お薦めの食べ方は、三杯酢ともみじおろしを組み合わせたナマコ酢。コリコリの食感とさっぱりした味わいが、酒のさかなにちょうど良い。真鶴港周辺では、三重県から来た海女が多数住んでいた時期があったが、山田さんは「ナマコを丸焼きにして食べる」という海女の話を聞いたことがあるのだそう。

 ナマコのほか、イセエビ、アワビ、サザエ、トコブシなどを漁獲する山田さんが漁師を始めたのは20年前。元々自然が好きだったことから、定置網漁師の求人に応募して船に乗り始め、4年ほどたった頃に独立した。


帰港直後の山田さん
帰港直後の山田さん

 その当時に比べ現在は、海中のナマコが3分の1程度しかいないという。「乱獲や海水温の上昇など、原因は一つではない」と嘆く。海藻も激減しており、10年くらい前までは豊かだった海中が、現在は砂漠のようになっているそうだ。

 真鶴町には、半島の先端に「魚つき保安林」がある。魚群誘致などの目的があるほか、海と陸の一体となった生態系を有しており、町民は親しみを込めて「お林」と呼ぶ。

 「『お林』のある真鶴は一等漁場なので、おいしい魚介が食べられます」と山田さん。「滋養強壮に効果があるといわれている、栄養価の高いナマコをぜひ食べてみてください」と笑顔で呼び掛けた。



お薦め品

◇ナマコ 1キロ(2~4個)2700円

※3月はナマコ、イセエビ、ワカメなどを漁獲予定

ここで買える

☆オンラインショップ
https://poke-m.com/producers/118717

※直販も可。注文、問い合わせは、電話080(8474)2088

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ロープーウエー、ロマンスカー 【動画・神奈川の乗り物5選】運行開始にミュージアム開館 県内の乗り物が熱い!

  2. ホテルインフォメーション 【鎌倉プリンスホテル】ストロベリー・バーガー・シュークリーム、30日まで

  3. 神奈川の地産地消パン 鎌倉・mbs46.7のオープンサンドやバゲット 自家製酵母の豊かな風味が評判

    mbs46.7(鎌倉市)

  4. おかげさまでイマカナ4周年 【神奈川のご当地パン6選】知る人ぞ知るおいしい逸品

  5. ハマスタ☆応援弁当、試合開催日限定 焼き印や星形にも注目

人気タグ