かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 超プレミアム苺大福の店 できたて屋の大福 ひと口頰張るだけで幸せ

うまい 大福
超プレミアム苺大福の店 できたて屋の大福 ひと口頰張るだけで幸せ

  • 超プレミアム苺大福の店 できたて屋(横須賀市)
  • 2021年2月25日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

左下から「苺大福」「みかん大福」「キウイ大福」。写真の苺大福は500円の特大サイズ。津久井浜産のイチゴは6月上旬頃まで
左下から「苺大福」「みかん大福」「キウイ大福」。写真の苺大福は500円の特大サイズ。津久井浜産のイチゴは6月上旬頃まで

 一年中、イチゴ大福が食べられる夢のようなお店。特に横須賀市津久井浜産の朝摘みイチゴを使用しているこの時期は、地元客がひっきりなしに訪れている。


シンプルながらかわいらしいパッケージにも心躍る
シンプルながらかわいらしいパッケージにも心躍る

 重さごとに分けた約5種類(350円~700円)があり、白あんとこしあんで包んだイチゴを、もち米ともち粉を合わせた皮で一つ一つ手包みして作られる。イチゴのみずみずしさともちもちの皮の食感が絶妙で、ひと口頰張ると幸せな気持ちに。毎朝、近くの津久井浜観光農園にイチゴを摘みに行っているオーナーの千葉清子さんは「摘むのは大変だけど、他にはないおいしさがある」とほほ笑む。その日によって大きさは異なるが、特大サイズに出合えたときの喜びもひとしおだ。

 「キウイ大福」(350円)や「デコポン大福」(500円)など季節の大福も充実。丸ごとにこだわって、ラ・フランスやフルーツトマトなど新しい味にも日々挑戦している。「一押しは桃。メロンも狙っています」と笑顔で語る千葉さんの新作が待ち遠しい。



超プレミアム苺(いちご)大福の店 できたて屋

住所 横須賀市長沢1の38の1の103
アクセス 京急線京急長沢駅徒歩1分
電話 046(895)7066
営業時間 午前9時~午後5時(なくなり次第終了)
定休日 火曜
公式HP https://www.sukaichi.com/shop.php?tel=0468957066
備考欄 予約可能。感染予防のため1人ずつで入店を

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 【神奈川の百貨店お薦め!クリスマスケーキ7選】甘い香りに包まれたい 京急百貨店 横浜ロイヤルパークホテル パティシエ自慢のショートケーキ

  2. 神奈川ホテルのクリスマスケーキ2021セレクション 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズのピスタチオフレーズ

    横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(横浜市西区)

  3. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

  4. 【神奈川の百貨店お薦め!クリスマスケーキ7選】甘い香りに包まれたい そごう横浜店 ラトリエヒロワキサカ 人気パティスリーが作るケーキ

  5. 秋はやっぱりモンブラン 鎌倉五郎本店の「小波」 栗と芋のきんとんに蜜漬けした渋皮栗とクリーム重ね、栗ペーストをたっぷりと

    鎌倉五郎本店(鎌倉市)

人気タグ