かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【横浜・八景島シーパラダイス】真っ白な体と愛嬌たっぷりの顔「シロイルカ焼き」

テーマ特集 【神奈川の名物!○○焼き4選】
【横浜・八景島シーパラダイス】真っ白な体と愛嬌たっぷりの顔「シロイルカ焼き」

2021年3月20日公開 | 2021年3月18日神奈川新聞掲載



 真っ白な体と愛嬌(あいきょう)たっぷりの顔。食べるのをためらうほどかわいらしい「シロイルカ焼き」(250円)を、横浜・八景島シーパラダイスで発見した。

【関連記事】「逗子の和菓子屋・海神亀」名物お菓子「亀焼き」 ウミガメ産卵も由来
【関連記事】「横浜くりこ庵 小田原店」は「新幹線焼き」 新幹線発祥の地だから
【関連記事】動画・かながわ動物飼育日記➀横浜・八景島シーパラダイス◇シロイルカ

 場所は、無料で入館できるベイマーケット内食品館。タピオカ粉で仕上げたという白い生地は、お餅のようにもっちもちの食感で、中には北海道産の小豆を使った粒あんがたっぷり入る。隠し味として、岩塩を生地に練り込み、粒あんのおいしさを引き出す工夫も凝らす。水族館や遊園地など島内各所を巡る合間に味わうのはもちろん、手土産に持ち帰る人も多いという。


シロイルカ焼きを作る様子
シロイルカ焼きを作る様子

商品を説明する佐藤さん
商品を説明する佐藤さん

 当初は期間・数量限定の商品だったが、再販を望む声が多く寄せられ、定番化を決めた。同館副店長の佐藤早香さん(29)は「季節限定のクリームを入れたペンギン型や、特製のカスタードクリームを包んだバンドウイルカ型もあるので食べ比べが楽しめます。家族だんらんのお供にいかがですか」と笑顔で薦める。



横浜・八景島シーパラダイス

住所 横浜市金沢区八景島
アクセス シーサイドライン八景島駅すぐ
電話 横浜・八景島シーパラダイス☎045(788)8888
営業時間 販売店舗は午前10時~午後5時半(日によって異なる)
定休日 無休
公式HP http://www.seaparadise.co.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ロープーウエー、ロマンスカー 【動画・神奈川の乗り物5選】運行開始にミュージアム開館 県内の乗り物が熱い!

  2. 総菜、弁当 総菜と弁当の店「ままぐらんど」 体に優しい母の味ずらり

    ままぐらんど(横浜市金沢区)

  3. おかげさまでイマカナ4周年 【神奈川のご当地パン6選】知る人ぞ知るおいしい逸品

  4. ハマスタ☆応援弁当、試合開催日限定 焼き印や星形にも注目

  5. ワクワク乗り物5選 ロマンスカーミュージアム(海老名市)、4月19日開館 電車だけじゃない「ワクワク」

    ロマンスカーミュージアム(海老名市)

人気タグ