かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 二人三脚で薫製の魅力広める「燻製ダイニングMOKU(石川町)」 80種類、日替わりや季節限定メニューも

うまい ぶらり♪街めぐり
二人三脚で薫製の魅力広める「燻製ダイニングMOKU(石川町)」 80種類、日替わりや季節限定メニューも

  • 燻製ダイニングMOKU(横浜市中区)
  • 2021年3月22日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

薫製料理の数々
薫製料理の数々

奥深い薫製の魅力堪能

 燻製ダイニングMOKU(横浜市中区)の店の扉を開けると、トルコランプが輝くエキゾチックな空間に、ふわっと漂う薫製のいい香り。

 2008年に小原弓典さん(48)がオープンした薫製料理の専門店。妻の倫子さん(45)と二人三脚で、薫製の奥深い魅力を広めてきた。「おいしく作るには、素材選びが大切」と、仕入れる素材は新鮮で良質なものばかり。

 肉や魚、野菜などそれぞれの持ち味を凝縮させるため、薫製にかける時間や温度を事細かく変え、素材によって下味も変える。国産の山桜のチップを使い、手間を惜しまず納得の味に仕上げる薫製料理は、前菜からパスタまで実に多彩。約80種類をそろえる中、日替わりや季節限定のメニューも用意し、常連客の心をつかんでいる。


盛り合わせ(2人前)
盛り合わせ(2人前)

 15年以上前から趣味で薫製作りを始めた弓典さん。友人に振る舞うと好評を博したことから独立を決意した。今でこそ、専門店が各地に増えたが、開店当時は珍しく、周知と集客に苦心したという。

 メニューは全てテークアウトに対応。盛り合わせ(2人前、1296円)がお薦めだ。小原夫妻は「食卓に薫製を並べて、豊かな風味を堪能してもらいたい」とほほ笑む。


店を切り盛りする小原弓典さん(左)と妻の倫子さん
店を切り盛りする小原弓典さん(左)と妻の倫子さん


燻(くん)製ダイニング MOKU

住所 横浜市中区吉浜町2の15、上智ビル1階
アクセス JR石川町駅徒歩2分
電話 045(662)9446
営業時間 通常は午後6~10時LO(金・土曜、祝前日同11時LO)
定休日 月曜休み
公式HP http://www.kunsei-moku.com/
備考欄 短縮営業など詳細は同店[HP]に掲載

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 猫のひたいほどワイド(tvk)×イマカナ(神奈川新聞)PRESENTS 厚木のオカユスタンドで朝活! 朝田淳弥くん潜入リポ、朝粥で癒やしとエネルギーチャージを

    猫のひたいほどワイド/月~木曜正午(生放送)

  2. 国産栗を使用したスイーツ、マーロウ 期間限定でプリンとケーキ

  3. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

  4. 【神奈川で楽しむ干支(牛)6選】極上ステーキに生クリーム、牧場見学も 【横浜スパゲッティ and CAFE】生クリームが〝主役〟のスイーツが味わえる

    横浜スパゲッティ and CAFE(横浜市西区)

  5. 生クリームたっぷりスイーツ 秦野・パンダクレープのクレープ 一番人気はバナナチョコ生クリーム

    パンダクレープ(秦野市)

人気タグ