かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 【ふぁ~む・まるはち】三浦の春キャベツ 芯まで柔らか、パスタやサラダにも

産地直売 春キャベツ
【ふぁ~む・まるはち】三浦の春キャベツ 芯まで柔らか、パスタやサラダにも

  • ふぁ~む・まるはち(三浦市)
  • 2021年4月8日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 ふんわり柔らかで、みずみずしい。今年も三浦に春キャベツの季節がやってきた。

 三浦市内に約2.5ヘクタールの畑を持つ「ふぁ~む・まるはち」では、毎年4月から5月初旬頃まで、春キャベツを生産。今年は安定した気候で例年より育ちが早く、3月中旬から出荷が始まった。

 まもなく最盛期を迎える畑で収穫を行うのは、代表の加藤雅基さん(47)。冬の寒玉よりも丸みがあり、三浦の穏やかな日差しで甘味を蓄えた自慢の一玉だ。一番おいしい時期に出荷できるよう、一つ一つ葉の色や結球のかたさなどを確かめながら収穫していく。水分が多く芯まで柔らかいため、さっと炒めてパスタにあえたり、サラダなど生でそのままの食感を味わうのがお薦めだ。

【関連記事】ながしま農園のタケノコ掘り体験、春の味覚を楽しもう


代表の加藤さん
代表の加藤さん

 また、加藤さんは減農薬の野菜作りに取り組む。40歳で父親から畑を継いだ際、使う肥料を見直そうと、生態系調和型農業理論(Bio Logical Farming)を学ぶ研修に参加した。その後、目を付けたのが竹だった。竹はミネラルやアミノ酸が多く含まれているため、粉砕してパウダー状にして土にまくことで土壌が健康になる。収穫量も安定し、作物の甘味も増す。

 市内では無秩序に生えている竹林の竹害の声も上がっていたため、竹を間伐するボランティアに参加。間伐材をパウダー化し、畑や野菜に合わせて活用するようになった。「化学肥料を減らして植物性肥料を使うようになってから、味わいや甘さが違うという声を頂いた」と加藤さんは声を弾ませる。


「三浦竹友の会」の竹伐採ボランティアに参加する加藤さん
「三浦竹友の会」の竹伐採ボランティアに参加する加藤さん

母・和子さんと妻・葉子さんお薦めの「春キャベツとベーコンのクリームパスタ」。クリームソースは甘い春キャベツと相性抜群
母・和子さんと妻・葉子さんお薦めの「春キャベツとベーコンのクリームパスタ」。クリームソースは甘い春キャベツと相性抜群

ここで買える


春キャベツ 100円~
春キャベツ 100円~

三浦市農協 上宮田支店前直売所

住所 三浦市南下浦町上宮田1506
アクセス 京急線三浦海岸駅徒歩1分
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 無休

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、「ドラえもん」デザインの陶器入りプリン 17日から

  2. アナゴ 【横浜・柴漁港内の食堂・小柴のどんぶりや】衣サクサク、身はふっくら 穴子丼一本盛

    小柴のどんぶりや(横浜市金沢区)

  3. 抹茶ラテのようなスイーツ「お茶一ぷく」 鎌倉五郎本店から

  4. からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの「鳥八三」(とりはっさん) 自家製「コンブチャ」評判

    鳥八三(横浜市港南区)

  5. 「イグドラジル ブルーイング」(平塚市)醸造所併設型パブ、量り売りで自宅でも

    イグドラジル ブルーイング(平塚市)

人気タグ