かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 小田原・ブランジェ昇平堂のちくわパン 練り物が有名な小田原にちなんだ一品

テーマ特集 神奈川のご当地パン
小田原・ブランジェ昇平堂のちくわパン 練り物が有名な小田原にちなんだ一品

  • ブランジェ昇平堂(小田原市)

シェア・新聞購入ボタン

2021年4月14日公開 | 2021年4月3日神奈川新聞掲載


人気のちくわパン。ちくわの中に具が入る。左からチーズ、明太子(断面あり)、ツナ
人気のちくわパン。ちくわの中に具が入る。左からチーズ、明太子(断面あり)、ツナ

 JR小田原駅東口の横町、うらちょう商店街にある大正6年創業の「ブランジェ昇平堂」。パンの焼き上がる匂いが立ちこめ、3代目店主の田代明広さん(54)やスタッフが店奥の工房で忙しそうに働く。

【関連記事】横須賀・中井パン店のポテチパン

 懐かしい三色パンやウグイスパン、自家製あんで作る「シベリア」、昔ながらのサンドイッチや総菜パン、創業当時からの「ファミリー食パン」など50種類ほどが手頃な価格で並び、次から次へと売れていく。


ちくわパンのほかにクリームパンや三色パン、チョココロネ、うぐいすパンなど懐かしくてお手頃価格のパンが並ぶ
ちくわパンのほかにクリームパンや三色パン、チョココロネ、うぐいすパンなど懐かしくてお手頃価格のパンが並ぶ

3代目店主の田代明広さん
3代目店主の田代明広さん

 中でも人気は10年ほど前に、練り物が有名な小田原にちなんで始めた「ちくわパン」(183円)。「明太子(めんたいこ)」「ツナ」「チーズ」の3種があり、ちくわの穴に具が詰まる。明太子はピリ辛でクリーム状のチーズが一緒に入り、ツナは炒めたタマネギが香ばしく、チーズにはスティック状のチーズとマヨネーズが入る。パンとの相性も抜群だ。客の1人は「お土産に持って行くと喜ばれる」とほほ笑む。昼すぎにはどのパンも品薄になるので予約がお薦めだ。



ブランジェ昇平堂

住所 小田原市栄町3の10の7
アクセス JR小田原駅東口徒歩6分
電話 0465(22)3696
営業時間 午前7時~午後6時
定休日 日曜・祝日
備考欄 ※予約は営業時間内に

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、「ドラえもん」デザインの陶器入りプリン 17日から

  2. アナゴ 【横浜・柴漁港内の食堂・小柴のどんぶりや】衣サクサク、身はふっくら 穴子丼一本盛

    小柴のどんぶりや(横浜市金沢区)

  3. 抹茶ラテのようなスイーツ「お茶一ぷく」 鎌倉五郎本店から

  4. からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの「鳥八三」(とりはっさん) 自家製「コンブチャ」評判

    鳥八三(横浜市港南区)

  5. 「イグドラジル ブルーイング」(平塚市)醸造所併設型パブ、量り売りで自宅でも

    イグドラジル ブルーイング(平塚市)

人気タグ