かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. 【川崎・Cafeゆい~と】心と体に優しい食事 人が集まる場に

名店めぐり 野菜、食事
【川崎・Cafeゆい~と】心と体に優しい食事 人が集まる場に

  • Cafeゆい~と(川崎市多摩区)
  • 2021年4月15日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

「子どもも野菜がたくさん食べたくなるドレッシング」を使ったサラダも付く「豆腐と長芋のコロッケプレート」(1100円)
「子どもも野菜がたくさん食べたくなるドレッシング」を使ったサラダも付く「豆腐と長芋のコロッケプレート」(1100円)

 白を基調にした爽やかな「Cafeゆい~と」(川崎市多摩区)店内で、店長の鴨志田亜矢子さん(55)=写真㊨中央=が客に明るく声を掛ける。11年間の介護職を経て、人が集まる地域密着の場所を作ろうと2014年にオープンした。

【人気記事】裏千家裏千家茶道教室爽実会 伝統的な茶道が学べる川崎の教室



 メニューは野菜を多く使った〝心と体に優しい食事〟。素材の味を生かした手作りの味はどれもおいしく、安心していただける。2月には県内の飲食店コミュニティーで開発した「子どもも野菜がたくさん食べたくなるドレッシング」(200㍉㍑580円ほか)を発売。たっぷりのタマネギとニンジン、しょうゆがベースで、野菜の味を消さずに食べやすい味わいにしてくれる。


「神奈川のオーナーシェフ20人が本気で考えた『子どもも野菜がたくさん食べたくなるドレッシング』」(200㍉㍑580円、1㍑1680円)
「神奈川のオーナーシェフ20人が本気で考えた『子どもも野菜がたくさん食べたくなるドレッシング』」(200㍉㍑580円、1㍑1680円)

 店は地域の人が集まる場として開放し、イベントやワークショップなどを開催。前職でも今も、困っている人を「放っておけない」と言い、悩みを持つ人もよく訪れる。人と人との縁を大切にして名付けた店名「結人(ゆいーと)」は、鴨志田さんその人を表しているようだ。



Cafeゆい~と

住所 川崎市多摩区西生田1の4の6、カーサ・デ・シライⅠの206
アクセス 小田急線読売ランド前駅徒歩3分
電話 044(712)0038
営業時間 午前11時~午後5時(木~土曜同8時半)
定休日 日曜休み 。月1回月曜不定休
公式HP https://gdvn100.gorp.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、「ドラえもん」デザインの陶器入りプリン 17日から

  2. アナゴ 【横浜・柴漁港内の食堂・小柴のどんぶりや】衣サクサク、身はふっくら 穴子丼一本盛

    小柴のどんぶりや(横浜市金沢区)

  3. 抹茶ラテのようなスイーツ「お茶一ぷく」 鎌倉五郎本店から

  4. からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの「鳥八三」(とりはっさん) 自家製「コンブチャ」評判

    鳥八三(横浜市港南区)

  5. 「イグドラジル ブルーイング」(平塚市)醸造所併設型パブ、量り売りで自宅でも

    イグドラジル ブルーイング(平塚市)

人気タグ