かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 野毛「麺処 神出鬼没」、オープン 口の中でほぐれる牛筋カレーうどん

うまい ぶらり♪街めぐり
野毛「麺処 神出鬼没」、オープン 口の中でほぐれる牛筋カレーうどん

  • 麺処 神出鬼没(横浜市中区)
  • 2021年4月19日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

牛筋カレーうどん
牛筋カレーうどん

〝シメ〟のカレーうどん

 「一杯飲んだ後の〝シメ〟にカレーうどんを」。そんなコンセプトで今年2月、居酒屋が軒を連ねる横浜・野毛にオープンした。

 食事メニューは3種類と潔い。看板メニューである牛筋たっぷりの「牛筋カレーうどん」(880円)はまず汁無しで提供され、好きなタイミングでタマネギベースのだし(無料)を足して汁物として味わう。具材はタマネギと国産A5ランクの牛筋肉のみ。口の中でホロホロほぐれる牛筋に、こくのうま味とスパイスが絶妙に溶け合うカレールー。細めの讃岐うどんは喉ごしが良く、飲んだ後の「ちょっと一杯」にぴったりだ。

【関連記事】横浜・野毛の創作焼き鳥の店「TORINO」

 やや小盛りの「バターうどん」(600円)は塩昆布・あおさ・明太(めんたい)が日替わりで登場。替え玉感覚で楽しめるのもアイデアだ。


代表の石井さん
代表の石井さん

 グルメ心をくすぐるさまざまな手法で挑むのは、代表の石井良太さん(26)。「新しいスタイルを取り入れつつ、野毛で商売する心や街の文化を守り、継承していきたい」と意気込む。

 石井さんを筆頭に、木村仁さん(25)、田中昇太郎さん(22)と若く元気なスタッフ陣。店舗は今後、上大岡や鶴見にも拡大していく予定だ。


スタッフの木村さん(左)と田中さん
スタッフの木村さん(左)と田中さん


麺処 神出鬼没

住所 横浜市中区野毛町1の6のD、1階
アクセス JR桜木町駅徒歩5分
電話 045(315)5411
営業時間 正午~翌午前0時(ランチタイムは午後3時まで)
定休日 月曜休み

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 猫のひたいほどワイド(tvk)×イマカナ(神奈川新聞)PRESENTS 厚木のオカユスタンドで朝活! 朝田淳弥くん潜入リポ、朝粥で癒やしとエネルギーチャージを

    猫のひたいほどワイド/月~木曜正午(生放送)

  2. 国産栗を使用したスイーツ、マーロウ 期間限定でプリンとケーキ

  3. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

  4. 【神奈川で楽しむ干支(牛)6選】極上ステーキに生クリーム、牧場見学も 【横浜スパゲッティ and CAFE】生クリームが〝主役〟のスイーツが味わえる

    横浜スパゲッティ and CAFE(横浜市西区)

  5. 生クリームたっぷりスイーツ 秦野・パンダクレープのクレープ 一番人気はバナナチョコ生クリーム

    パンダクレープ(秦野市)

人気タグ