かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【YOKOSUKA 軍港めぐり・横須賀】 艦船を間近に見ながら 臨場感たっぷりの解説

テーマ特集 ワクワク乗り物5選
【YOKOSUKA 軍港めぐり・横須賀】 艦船を間近に見ながら 臨場感たっぷりの解説

  • YOKOSUKA 軍港めぐり(横須賀市)

シェア・新聞購入ボタン

2021年4月24日公開 | 2021年4月17日神奈川新聞掲載



 桟橋から出てすぐ、次々と現れる艦船に感嘆の声が上がる-。横須賀港をぐるりと一周、米海軍と海上自衛隊の艦船や基地を巡る約45分のクルーズ「YOKOSUKA軍港めぐり」。2階建ての船内は、間近で案内人の解説を聞ける1階と、臨場感たっぷりの2階を好きなように移動でき、前後左右に広がるの景色を眺めながらゆっくりと船は進んでいく。当初は不定期航路だったが、好評により2008年から定期航路に。普段近くから見ることができない潜水艦やイージス艦などの艦船が間近に迫る瞬間は、迫力満点だ。

【関連記事】横須賀・本まぐろ直売所のまぐろセット 鮮度抜群、味好評でリピーター多い




 また、最大の魅力はクルーズ船の中でも珍しいという案内人による生解説。12人の案内人が交代で乗船し、日々変わる船の名前や役割を分かりやすく解説してくれる。船舶の知識がない人や初めて乗る人でも楽しく、まるでテーマパークのアトラクションのような興奮が味わえる。




 毎月乗船しているという市内在住の母娘は「見える船も案内人も違うので、毎月乗っても新鮮で楽しくて飽きない」と魅力を語る。迫力ある艦船に加え、個性豊かな12人の案内人の解説は必聴だ。





YOKOSUKA 軍港めぐり

住所 横須賀市本町2の1の12(汐入桟橋)
アクセス 京急線汐入駅徒歩3分
電話 046(825)7144
公式HP https://www.tryangle-web.com/
備考欄 毎日運行、1日5便(欠航は除く)。1600円、小学生800円(横須賀市在住者は半額)。チケットは隣接の「コースカ ベイサイド ストアーズ」2階で販売。予約はトライアングル[HP]または、☎へ。当日も可

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、「ドラえもん」デザインの陶器入りプリン 17日から

  2. アナゴ 【横浜・柴漁港内の食堂・小柴のどんぶりや】衣サクサク、身はふっくら 穴子丼一本盛

    小柴のどんぶりや(横浜市金沢区)

  3. 抹茶ラテのようなスイーツ「お茶一ぷく」 鎌倉五郎本店から

  4. からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの「鳥八三」(とりはっさん) 自家製「コンブチャ」評判

    鳥八三(横浜市港南区)

  5. 「イグドラジル ブルーイング」(平塚市)醸造所併設型パブ、量り売りで自宅でも

    イグドラジル ブルーイング(平塚市)

人気タグ