かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【湘南モノレール】珍しい懸垂式モノレール 観光客や地元の足

テーマ特集 ワクワク乗り物5選
【湘南モノレール】珍しい懸垂式モノレール 観光客や地元の足

  • 湘南モノレール(大船-江の島)

シェア・新聞購入ボタン

2021年4月23日公開 | 2021年4月17日神奈川新聞掲載


 大船観音を横に眺め大船駅から高台の住宅街を抜け、わずか14分で湘南江の島駅へ―。「湘南モノレール」は、日本で2つしかない懸垂式モノレール。1970年に開業して以来、地元の人や観光客の足として活躍している。



 駅を出るとすぐにぐんと急加速し街を見下ろす。小山の緑や海を眺める車窓の景色が抜群な上、アップダウンやカーブ、トンネルもありアトラクションのような臨場感も楽しめる。

【関連記事】「江の島ガラス HOOK」江の島郵便局の隣にあるガラス細工の店




 中でも湘南深沢駅から鎌倉山トンネルまでは急勾配を上り、トンネルに入ると下りになり最高時速は約75㌔に。片瀬山駅付近では標高60㍍にもなり、湘南の海を見ることができる。早朝深夜を除き1時間に3両編成の車両が8本運行しているのもうれしい。現在の車両は4代目で、ピンクや赤、青、黒など7色。終点の湘南江の島駅はビル5階の高さで、改札横の開放感いっぱいのルーフテラスからは丹沢から富士、湘南の海まで一望できる景色が待っている。




大船駅にはプラレールなどのグッズも販売
大船駅にはプラレールなどのグッズも販売

今回案内してくれた広報の花香晋生さんは、同モノレールのエキスパート。さまざまな撮影スポットや絶景ポイントを熟知し案内してくれた
今回案内してくれた広報の花香晋生さんは、同モノレールのエキスパート。さまざまな撮影スポットや絶景ポイントを熟知し案内してくれた

湘南モノレール

電話 0467(45)3181
備考欄 「1日フリーきっぷ」は大人610円、子ども310円で1日乗り降り自由。詳細は[HP]で。※ルーフテラスに設置された「富士ビューライブカメラ」では10分おきに現在の富士山画像を配信。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、「ドラえもん」デザインの陶器入りプリン 17日から

  2. アナゴ 【横浜・柴漁港内の食堂・小柴のどんぶりや】衣サクサク、身はふっくら 穴子丼一本盛

    小柴のどんぶりや(横浜市金沢区)

  3. 抹茶ラテのようなスイーツ「お茶一ぷく」 鎌倉五郎本店から

  4. からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの「鳥八三」(とりはっさん) 自家製「コンブチャ」評判

    鳥八三(横浜市港南区)

  5. 「イグドラジル ブルーイング」(平塚市)醸造所併設型パブ、量り売りで自宅でも

    イグドラジル ブルーイング(平塚市)

人気タグ