かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【鎌倉の老舗喫茶店・イワタコーヒー店】ほっと一息できる空間で食すホットケーキ 愛されつづけ半世紀

テーマ特集 懐かしき時代「昭和」
【鎌倉の老舗喫茶店・イワタコーヒー店】ほっと一息できる空間で食すホットケーキ 愛されつづけ半世紀

  • イワタコーヒー店(鎌倉市)

シェア・新聞購入ボタン

2021年4月29日公開 | 2021年4月24日神奈川新聞掲載


2段重ねのホットケーキは厚さ約7センチ。自家製プリンは2つセットなので、2人でシェアするのがお薦め
2段重ねのホットケーキは厚さ約7センチ。自家製プリンは2つセットなので、2人でシェアするのがお薦め

 小町通り入り口にある老舗喫茶店「イワタコーヒー店」(鎌倉市)。店内へ1歩入ると、広々としたソファ席や緑あふれる中庭が現れ、駅近にありながらほっと一息できる空間が広がる。

 1945(昭和20)年の終戦直後に開業。地元住民の憩いの場として親しまれ、近年では観光客らにも愛される存在に。看板メニューのホットケーキ(880円)は半世紀以上も愛されてきた。ガス火と銅板でゆっくり20分焼き上げることで、表面はサクッと香ばしく、中身はふんわりとした食感に。素朴で優しい甘さがどこか懐かしい。


庭に咲く花にちなんだ「もくれん」(680円)は、ウインナコーヒーにブラウンシュガーとブランデーを入れた大人の味
庭に咲く花にちなんだ「もくれん」(680円)は、ウインナコーヒーにブラウンシュガーとブランデーを入れた大人の味

左からケーキ職人の高須伸志さん(72)、勤続70年以上の角田光子さん(89)、生嶋さん
左からケーキ職人の高須伸志さん(72)、勤続70年以上の角田光子さん(89)、生嶋さん

 長年変わらない味を支え続けるのは、勤続半世紀以上というベテランたち。滑らかな口触りと香ばしいカラメルの「自家製プリン」(630円)も長年にわたり同じ職人に作られてきた。3代目代表の生嶋亜里紗さん(41)は「変わらない部分と時代に合わせて変化していく部分の両方を大切にしていきたい」と心を込めた。

【関連記事】「横浜の純喫茶・コーヒーサロン サガン」巨大パフェ高さ25センチ超 革張りソファに身を委ね味わう


純喫茶には欠かせない店頭ショーケースの食品サンプル。見ているだけでわくわくする
純喫茶には欠かせない店頭ショーケースの食品サンプル。見ているだけでわくわくする

昭和32年から使っていたレジスター。使用はしていないが、まだ壊れていないそう
昭和32年から使っていたレジスター。使用はしていないが、まだ壊れていないそう



イワタコーヒー店

住所 鎌倉市小町1の5の7
アクセス 鎌倉駅徒歩1分
電話 0467(22)2689
営業時間 午前9時半~午後5時半【LO】(ホットケーキは同5時【LO】)
定休日 火曜、第2水曜(4月29日~5月5日は営業。4月28日、5月6日は休み)
公式HP https://iwatacoffee.com/
備考欄 ホットケーキとサンドイッチ、ケーキ類はテークアウトも可能

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、「ドラえもん」デザインの陶器入りプリン 17日から

  2. アナゴ 【横浜・柴漁港内の食堂・小柴のどんぶりや】衣サクサク、身はふっくら 穴子丼一本盛

    小柴のどんぶりや(横浜市金沢区)

  3. 抹茶ラテのようなスイーツ「お茶一ぷく」 鎌倉五郎本店から

  4. からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの「鳥八三」(とりはっさん) 自家製「コンブチャ」評判

    鳥八三(横浜市港南区)

  5. 「イグドラジル ブルーイング」(平塚市)醸造所併設型パブ、量り売りで自宅でも

    イグドラジル ブルーイング(平塚市)

人気タグ