かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 横浜・やま喜フィッシングセンター 施設内には「金魚」「コイ」「ヘブラナ」の三つの池、家族連れに好評

推し 手軽に楽しむ釣り体験
横浜・やま喜フィッシングセンター 施設内には「金魚」「コイ」「ヘブラナ」の三つの池、家族連れに好評

  • やま喜フィッシングセンター(横浜市緑区)

シェア・新聞購入ボタン

2021年5月16日公開 | 2021年5月1日神奈川新聞掲載


金魚の池

 コロナ禍で祭りの中止が相次ぎ、金魚すくいができなくなって久しい。横浜市緑区の「やま喜フィッシングセンター」では、金魚釣り専用の池があり、多くの家族連れに喜ばれている。


 1974年に創業。施設内には三つの池があり、子ども優先の金魚、初心者も楽しめるコイ、上級者向けのヘラブナの池を有する。金魚の池は12年前に一度休止したが、再開を望む声に応えて7年前に復活。代表の飯田篤さん(56)は「小さな子どもにも釣りを楽しんでほしいから」と優しい表情を向ける。


コイの池で釣れたコイ
コイの池で釣れたコイ

 金魚の体長は約10センチと大きめ。釣った中から1匹150円で持ち帰ることも可能だ。金魚の釣果に関係なく点数券がもらえる仕組みで、店内で販売する駄菓子代や釣り代に使える。コイの場合は、釣った重さに応じて点数券がもらえる。

 この日、横須賀市から家族で訪れた小学5年の女児は合計4キロのコイを釣り上げた。「餌を食べて、引きがくる瞬間が楽しい」と満面の笑み。飯田さんは「よこはま動物園ズーラシアや商業施設も近いので、その行き帰りに気軽に立ち寄ってほしい」と呼び掛ける。



▶料金
 金魚は1時間550円(貸し竿、餌付き)。延長は30分250円。コイは1時間800円(貸し竿、餌付き)。延長は30分350円。ヘラブナ(竿、道具、餌は持参)は1日2200円。要望があれば、釣り方のアドバイスもしてくれる(混雑時を除く)。




コイの池
コイの池

やま喜フィッシングセンター

住所 横浜市緑区青砥町580
アクセス 中山駅からバスで千代橋下車2分。中山駅徒歩15分
電話 045(932)0584
営業時間 金魚・コイの池=午前8時(日曜・祝日同7時)~午後6時(土日・祝日同7時)。ヘラブナの池=午前8時(日曜・祝日同7時)~午後5時。最終受け付けは閉店の1時間前
定休日 水・木曜
公式HP http://home.catv.ne.jp/dd/yamakifc/index/
備考欄 駐車場あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 猫のひたいほどワイド(tvk)×イマカナ(神奈川新聞)PRESENTS 厚木のオカユスタンドで朝活! 朝田淳弥くん潜入リポ、朝粥で癒やしとエネルギーチャージを

    猫のひたいほどワイド/月~木曜正午(生放送)

  2. 国産栗を使用したスイーツ、マーロウ 期間限定でプリンとケーキ

  3. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

  4. 【神奈川で楽しむ干支(牛)6選】極上ステーキに生クリーム、牧場見学も 【横浜スパゲッティ and CAFE】生クリームが〝主役〟のスイーツが味わえる

    横浜スパゲッティ and CAFE(横浜市西区)

  5. 生クリームたっぷりスイーツ 秦野・パンダクレープのクレープ 一番人気はバナナチョコ生クリーム

    パンダクレープ(秦野市)

人気タグ