かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. かねこふぁ~む喫茶あとりえ(横浜市戸塚区) 梅使ったメニューはどれも絶品

推し いい塩梅の梅
かねこふぁ~む喫茶あとりえ(横浜市戸塚区) 梅使ったメニューはどれも絶品

  • 喫茶あとりえ(横浜市戸塚区)

シェア・新聞購入ボタン

梅ジュース(右)と梅風味のケーキ
梅ジュース(右)と梅風味のケーキ

 里山の風情が周囲に広がり、野鳥のさえずりがBGM…。まるで農家の縁側で過ごしているような、のんびりとした時間が流れる「喫茶あとりえ」(横浜市戸塚区)。梅や柿、露地野菜などを生産する農園「かねこふぁ~む」が、「喫茶店をやってほしい」という来園客の声に応えて2000年に開店した。

【関連記事】梅体験専門店「蝶矢」鎌倉店 手軽に梅酒づくり体験


喫茶店に併設する直売所
喫茶店に併設する直売所

1番人気の「梅干」(約200グラム、550円)
1番人気の「梅干」(約200グラム、550円)

 喫茶店では、同園を営む金子宗司さん(40)が丹精込めて育てた梅をメニューに使用。母の洋子さん(71)が加工し、おいしさを引き立てる。定番の「梅ジュース」(350円)は、梅エキスを水で割ったもので、爽やかな風味と程よい酸味が体にじんわり染み渡る。7月末までは、ふわふわもっちりの生地が特徴の梅風味のケーキも日によってはお目見え。併設する直売所には、塩分を抑えつつ昔ながらの製法で作った「梅干」、喫茶店の梅ジュースに用いられる梅エキス「梅ジュ」、「梅ジャム」など、さまざまな梅の加工品の販売を行っている。


農園を営む金子宗司さん(右)と喫茶店を切り盛りする母の洋子さん
農園を営む金子宗司さん(右)と喫茶店を切り盛りする母の洋子さん

 同園は3年前、品質や畑の管理状況などを審査する県果樹立毛共進会のウメの部で優秀賞を受賞した。宗司さんによると今年は梅が豊作といい、「もぎとりをしたり、喫茶店で一息ついたり、思い思いに梅を味わってほしい」と話した。



2021年6月6日公開 | 2021年5月29日神奈川新聞掲載


かねこふぁ~む喫茶あとりえ

住所 横浜市戸塚区舞岡町1911
アクセス 横浜市営地下鉄舞岡駅徒歩20分、戸塚駅からバスで公園前下車3分
電話 045(823)1222
営業時間 金・土・日曜のみ営業。午前11時~午後5時
公式HP http://www.kaneko-farm.co.jp/
備考欄 駐車場あり。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 【神奈川のカプセルトイ4選】レバーを回せば、大人もハート奪われる 【江の島ガラス HOOK】江の島郵便局の隣にあるガラス細工の店

  2. 天然素材のシロップ、リキュールも 神奈川のふわっふわかき氷4選 色変わる進化系まで

  3. 気分はミニ旅行 駅弁&空弁など 崎陽軒(横浜市西区)冷凍&レンジで気軽 「松花堂弁当」も人気

    崎陽軒(横浜市西区)

  4. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  5. バラで優雅なひとときを④ 横田園芸(平塚市)、甘く爽やかな香り♡食用バラ栽培

    横田園芸(平塚市)

人気タグ