かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 「マルキュウ食堂」(横浜市金沢区)、1台3役の自販機 自慢のたれで味付け

うまい 「マルキュウ食堂」(横浜市金沢区)、1台3役の自販機 自慢のたれで味付け

  • マルキュウ食堂(横浜市金沢区)
  • 2021年6月3日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 1872(明治5)年に創業し、液体調味料の製造・販売を行う「武居商店」(横浜市金沢区)。自社製のたれで味付けした定食や麺類などを提供する「マルキュウ食堂」を昨夏、横浜マーチャンダイジングセンター(MDC)組合会館1階にオープンした。

【関連記事】横浜南部市場食肉(横浜市金沢区)の「特選焼豚」 艶々でやわらか、評判です



 食堂には1台3役を担う自動販売機を導入。上段は自社製のたれ、中段には食券に見立てた〝食缶〟が並び、下段では飲み物を販売する。牛鍋定食、サンマーメン、レバニラ炒め定食など全7種類の中から注文したいメニューが明記された〝食缶〟を購入し、セルフサービスで食事ができる。売れ筋はボリューム満点の「スタミナ焼肉定食」(800円)。濃厚な甘辛いたれが肉とタマネギにたっぷり絡み、ご飯がどんどん進む。セットのスープや漬物の味付けも自社製品を使用。店内には、さまざまなたれが用意されており、サラダに掛けるなど好きなように試食し、気に入れば、自動販売機で購入できる便利な仕組みだ。



 同社は2018年から、たれの自動販売機の設置を開始し、現在は同市内に6台設置する。昨春には横浜南部市場に直売所を開くなど、新たな取り組みに次々と着手。自社製品の開発やブランド展開を本格化させ、認知度向上に努めるのは6代目社長の武居順平さん(43)。今もなお、創業時の動物油脂製造業を受けて始めた革製品用の原皮を販売し、大手食品メーカー向けの調味料の生産も続ける。武居さんは「5代目の父が培ったたれの生産技術を生かし、小売業にさらに尽力していきたい」と意欲を見せた。


マルキュウ食堂

住所 横浜市金沢区幸浦2の26の1
アクセス シーサイドライン幸浦駅徒歩5分
電話 武居商店☎045(774)5331
営業時間 午前11時~午後2時
定休日 土日・祝日休み(MDCアウトレットセール開催日は営業、午前10時半~午後1時)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 猫のひたいほどワイド(tvk)×イマカナ(神奈川新聞)PRESENTS 厚木のオカユスタンドで朝活! 朝田淳弥くん潜入リポ、朝粥で癒やしとエネルギーチャージを

    猫のひたいほどワイド/月~木曜正午(生放送)

  2. 国産栗を使用したスイーツ、マーロウ 期間限定でプリンとケーキ

  3. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

  4. 【神奈川で楽しむ干支(牛)6選】極上ステーキに生クリーム、牧場見学も 【横浜スパゲッティ and CAFE】生クリームが〝主役〟のスイーツが味わえる

    横浜スパゲッティ and CAFE(横浜市西区)

  5. 生クリームたっぷりスイーツ 秦野・パンダクレープのクレープ 一番人気はバナナチョコ生クリーム

    パンダクレープ(秦野市)

人気タグ