かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 【2021】7月 神奈川の祭り<七夕まつりなど>

気になる 【2021】7月 神奈川の祭り<七夕まつりなど>


1~7日
■鶴岡八幡宮「七夕まつり」(鎌倉)

 期間中に願い事を書いた、梶(かじ)の葉を模した色紙と短冊型の絵馬を色鮮やかな5色のひもに結び、神前に奉納する。7日の「七夕祭」では、巫女(みこ)による神楽が奉奏される。鎌倉駅徒歩10分。☎0467(22)0315。

【関連記事】【2021】神奈川に咲く花<紫陽花>

14日
■八坂神社祭礼(お札まき)(横浜)
 五穀豊穣(ほうじょう)、厄よけを願い300年以上続く神事。余興や神輿(みこし)渡御、お札まき踊りは中止だが、午後3~7時に本殿前でお札配りを実施。整理券は先着千枚ほどで、混雑状況に応じて入場規制などを設ける。境内ではお札の販売(3、5、7セット、いずれも数量限定)も行う。戸塚駅徒歩10分。同神社氏子総代の内田さん☎045(860)2260。
 
16・17日
■海南神社「夏の例大祭」(三浦)
 「お練り獅子」で知られる伝統ある祭り。今年は神事のみ行われ、昨年同様、遷霊した唐櫃(からびつ)が家内安全や無病息災、商売繁盛などを祈念しながら三崎地区を巡行する予定。獅子・神輿渡御は中止。16日は宵宮、17日は祭典(神事)。三浦市指定重要無形民俗文化財。かながわのまつり50選。京急線三崎口駅からバスで三崎港下車1分。☎046(881)3038。
 
18日
■富岡八幡宮例大祭(横浜)
 800年以上の伝統を持ち、横浜市指定無形民俗文化財の第1号に指定されている、横浜を代表する夏の行事。午前10時から例大祭「大祭式」(見学可能)。祇園舟神事は中止。京急線京急富岡駅徒歩8分。☎045(776)3838。
 
20日~8月22日
■店舗巡り 川崎大師「風鈴市」(川崎)
 今年は川崎大師境内での販売は行わず、川崎大師表参道・仲見世通りの協力店舗で実施。午前10時~午後4時(店舗により異なる)。7月20、21日に「厄除(よけ)だるま風鈴」(透明)を購入した人には名入れサービスを行う。各日先着200個(1人3個まで)。場所は同大師お護摩受付所。さらに「厄除開運だるま風鈴守」(1躰800円)は大本堂受付など5カ所で販売する(無くなり次第終了)。京急線川崎大師駅下車。山門前住吉☎044(288)4437。
 
24・25日
■荏柄天神社例祭(鎌倉)
 24日の宵宮祭は夕刻から境内の灯籠がともり、午後4時半から祭典。25日午前10時半から例祭。境内に神輿を展示する。鎌倉駅からバスで天神前下車4分。☎0467(25)1772。
 
27日~8月17日
■大山阿夫利神社夏季大祭(夏山祭)(伊勢原)
 大山阿夫利神社下社登拝門前。「大山詣り」が大流行をした江戸時代、大山への参詣は7月27日~8月17日までの「夏山」に限られていた。27日は「夏山開山」の行事で、午前9時ごろから山頂登拝の安全祈願。小田急線伊勢原駅北口からバスで大山ケーブル行き終点。大山ケーブルカーで阿夫利神社(山上駅)下車2分。☎0463(95)2006。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 横浜イングリッシュガーデン園内カフェのFlowerソフト 食用花で飾られたバラ風味のソフトクリーム

    横浜イングリッシュガーデン(横浜市西区)

  2. 期間限定スイートピンクの「クルミッ子」缶

  3. K-Person 小栗旬さんに聞く 葛藤し続けた義時、〝らしさ〟大事に

  4. とろける食べ物大集合 藤沢・レストランアンチョビのパングラタン 山盛り具材とチーズで迫力満点

    レストランアンチョビ(藤沢市)

  5. 焼き芋 焼き芋専門店「超蜜やきいも」の横浜磯子店、オープン 「蜜が滴るほど甘いのに無添加」

    「超蜜やきいもpukupuku」横浜磯子店

人気タグ